個人年金保険の使い道を考えて受取開始年齢を決める

 個人年金保険に加入する際には、何歳から年金を受取るかを決めますが、この受取を開始する年齢はどういう基準で決めればいいのでしょうか。

受取を開始する年齢(受取開始年齢)は、60歳~70歳などとなっているのが一般的ですが、受取る年金をどのように使うのかが、受取開始年齢を決める際のポイントではないかと思います。

公的年金を受け取れるまでの繋ぎとして使う方、または、公的年金だけでは不足する生活費を埋める手段として、などいろいろだと思います。

自身の場合に当てはめた場合はどうなのだろうかと考え、それを基に受取開始年齢決めるのが、決める際の基本になります。

受取開始年齢を何歳にするか考える

60歳から受取る場合は、公的年金が支給されるまでの繋ぎとしての使い道が考えられます。60歳で早期退職し、その後、再就職をしていないような場合なら、65歳から年金が支給されるまで、まったく収入の無い期間が出来てしまいます。

この空白の期間を、5年や10年の確定年金で、本格的に公的年金が支給されるまでの繋ぎにするという使い方が考えられます。

65歳から受取る場合は、もうこの年齢になると本格的に国民年金や厚生年金・共済年金は受け取れるようになっています。ですが、それらの年金だけでは不足する生活費を補うという使い道が考えれます。もしくは、生活をよりゆとりあるものにしようと言う使い方も考えられます。

70歳から受取を開始すると言う方は、それほど多くはないと思います。まだ元気に働いていて、今はまだ年金は必要ないという方なら、この年齢から受取るのも良い事だと思います。事実、70歳を超えても元気に働いている方もいますから、一つの選択肢としては有りではないでしょうか。

年金受取開始年齢は繰り下げることもできます

年金はまだ必要無いという事であれば、年金の受取開始年齢を繰下げることができます。年金を受取る年齢を遅くすることで、受取年金総額が増えたり、戻り率が高くなるなどのメリットがあります。

個人年金保険の受取開始年齢の繰下げ

受取年齢を繰下げするのは、契約時に決めるものではなく、個人年金を受取る時期になってから変更の手続きをする事が一般的になっていますが、変更をする場合は、加入している保険会社に問い合わせてみるといいでしょう。

年金受取開始年齢は繰り下げするかどうかは、人によって考え方が分かれるところだと思います。基本的には、健康状態などと相談しながら決断する事になると思います。

無料保険相談を試してみる

保険のプロからアドバイスをうけることで、個人年金保険だけに限らず、医療保険、がん保険、学資保険、介護保険など、保険料を大幅に減額することが可能です。

保険相談のLifullでは、テレビCMでお馴染の「保険見直し本舗、保険クリニック、みつばち保険、保険ほっとライン、ほけん百花、保険ひろば」など全国1000店舗以上の保険ショップと提携し無料保険相談の予約ができます。お近くの店舗を探してみてください。

全国1000店舗以上の無料保険相談店舗で気軽に保険の相談
保険相談のLifull

なお、「ほけんの窓口」での無料保険相談を試してみたい方は、下記よりお近くの店舗を探してみてください。


関連する記事) 個人年金の受取方

運営者情報ほか

カテゴリリスト

月別アーカイブリスト

Copyright © これから始める個人年金保険 All Rights Reserved