保険料の払い方による比較

 個人年金保険の保険料支払いは、毎月払い、半年払い、年払いなどのタイプと、最初に一括して支払う一時払いなどに大きく分けられますので、それぞれの支払い能力に応じて選択してください。

また、支払いに使う手段も、口座振替やクレジットカード決済などが利用できますので、都合に合わせて選択するといいでしょう。なお、クレジットカード払いが利用できるようであれば、引き落とし口座の残高を常に気にする必要が無い分、安全性も高くなりますから、利用を考えてもいいと思います。

個人年金保険を保険料の払い方で分類すると

だいたいが馴染みのある支払い方法ですから、あらためて説明することも無いかもしれませんが、一応載せておきますので参考にしてください。

「保険料の支払い方法」
支払い方法 概要
毎月払い

最も一般的な支払い方法です。毎月、銀行口座などから引き落とされる形式です。引き落とし口座の残高不足には注意しなければいけません。

半年払い

6ヶ月に一度の割合で保険料を支払う方法です。毎月払いの場合より、保険料は割引されます。

年払い

1年に一度の割合で保険料を支払う方法です。毎月払いや半年払いの場合より、保険料は割引されます。

前納

一定期間分の保険料を、前もって支払ってしまいます。保険料を保険会社に預けるということになり、月々の保険料は、預けた中から保険会社が自動的に充当していきます。代表的なものには、全期前納(すべての期間分をまとめて支払う)があります。

一時払い

個人年金保険に加入する時に、保険料を一括して支払う方式です。変額個人年金保険では一般的な支払い方法です。

保険料を節約するには、基本的に「毎月払い<半年払い<年払い<全期前納」の関係が成り立ちます。ただ、まとめて支払うためには、契約時にまとまったお金を用意しなくてはいけませんから、比較的お金に余裕がある場合に限って検討してみるといいでしょう。

また、全期前納では途中で解約するような場合でも、保険料に充当されていない分については全額返金されますから、何かに用立てるためにどうしても解約しなくてはいけない場合にも、お金が戻ってこないというようなことはありません。

もし、事情が許すなら「年払い」や「前納」なども検討してみてはいかがですか。

無料保険相談を試してみる

保険のプロからアドバイスをうけることで、個人年金保険だけに限らず、医療保険、がん保険、学資保険、介護保険など、保険料を大幅に減額することが可能です。

保険相談のLifullでは、テレビCMでお馴染の「保険見直し本舗、保険クリニック、みつばち保険、保険ほっとライン、ほけん百花、保険ひろば」など全国1000店舗以上の保険ショップと提携し無料保険相談の予約ができます。お近くの店舗を探してみてください。

全国1000店舗以上の無料保険相談店舗で気軽に保険の相談
保険相談のLifull

なお、「ほけんの窓口」での無料保険相談を試してみたい方は、下記よりお近くの店舗を探してみてください。


運営者情報ほか

カテゴリリスト

月別アーカイブリスト

Copyright © これから始める個人年金保険 All Rights Reserved