死亡保険金を受け取るときの税金

 死亡保険金を受け取るときには、所得税・住民税や相続税、贈与税などの税金が課税されます。保険料を誰が納めたか、受取人と契約者が同一人か、などで課税される税金に違いがあり、いったいどういう種類の税金が課税されるのか分かりにくい部分があります。

ここでは、パターンごとに課税される税金の種類について整理していきます。

まず、非課税となるものは、入院・通院・手術給付金・傷害保険金・介護年金・介護一時金などです。これらはいずれも、社会保障的な性格を備えているため非課税項目として取り扱われます。

死亡保険金への課税の種類は

課税となるものを個別にまとめると以下のようになりますが、誰が保険料を払って誰が保険金を受け取るのか、がポイントになってきます。

死亡保険金を受け取る人によって課税される税金が異る

  • 所得税

    Aさんが保険料を払い、同じ人が保険金や年金を受け取る場合に課税されます。

    例: 契約者=夫、被保険者=妻、受取人=夫の契約で、被保険者(妻)が死亡した場合、夫が保険料を払い夫が保険金を受け取るのですから、同じ人が払って受け取るので所得税の対象になります。

  • 贈与税

    Aさんが保険料を払い、Bさんが受け取る場合に課税されます。
    ※ Aさんが生存している場合です。

    例: 契約者=夫、被保険者=妻、受取人=子どもの契約で、被保険者(妻)が死亡した場合、夫が保険料を払い子どもが保険金を受け取るのですから贈与税の対象になります。

  • 相続税

    Aさんが契約者&被保険者で保険料を払っていたが死亡し、Cさんが保険金を受取る場合に課税されます。

    例: 契約者=夫、被保険者=夫、受取人=妻の契約で、被保険者(夫)が死亡した場合、夫が保険料を払い妻が保険金を受け取るのですから、このケースの場合は相続税の対象になります。


所得税に関しては問題なく理解できると思いますが、相続税と贈与税に関しては、少し複雑で分かりにくくなっています。一応の理解のために、上記を基に表にまとめてありますので、あわせて理解を深めてください。

死亡保険金と税金の例
契約者
(保険料を払う人)
被保険者
(死亡保障の対象)
受取人
(保険金の受取人)
課税される税金
妻=死亡 所得税
夫=死亡 夫=死亡 相続税
妻=死亡 子供 贈与税

相続税か贈与税かの見分け方のポイント

契約者・被保険者とも夫でしたが死亡、保険金の受取人が妻の場合、夫が保険料を支払い、保険金が妻にいくのですから「相続税」の対象になります。

夫が契約者で被保険者が妻、受取人が子どもの場合で、被保険者の妻が死亡したとき、子どもにいく保険金には「贈与税」が課税されます。

この場合、保険料を支払っていたのは契約者の夫で、その負担した保険料で発生した保険金が子供にいくことになりますが、死亡したのが被保険者の妻なので、夫と子供の間では相続の関係とはならないため贈与税ということになります。

いずれにしても、詳細は税務署などの専門機関に確認したほうがいいでしょう。

死亡保険金にかかる税金

死亡保険金は一時所得として扱われますが、その一時所得にかかる所得税は「受け取った金額-その収入を得るために支払った金額-特別控除額(最大50万円)」で計算し、計算で出た額の1/2に課税されます。その他の収入があれば、その収入額と合算して納める税額を計算することになります。

相続税では、「500万円×法定相続人数」の分の金額が控除されます。また贈与税の場合も、110万円が基礎控除として差し引かれます。

どういう税金がどのような場合にかかるかは、なかなか複雑で簡単には理解できそうもありませんが、万が一の場合の死亡保険金の場合はこうなる、年金受取開始時の場合はこうなる、など税金面の整理もしておいたほうがいいと思います。

無料保険相談を試してみる

保険のプロからアドバイスをうけることで、個人年金保険だけに限らず、医療保険、がん保険、学資保険、介護保険など、保険料を大幅に減額することが可能です。

保険相談のLifullでは、テレビCMでお馴染の「保険見直し本舗、保険クリニック、みつばち保険、保険ほっとライン、ほけん百花、保険ひろば」など全国1000店舗以上の保険ショップと提携し無料保険相談の予約ができます。お近くの店舗を探してみてください。

全国1000店舗以上の無料保険相談店舗で気軽に保険の相談
保険相談のLifull

なお、「ほけんの窓口」での無料保険相談を試してみたい方は、下記よりお近くの店舗を探してみてください。


運営者情報ほか

カテゴリリスト

月別アーカイブリスト

Copyright © これから始める個人年金保険 All Rights Reserved