外貨建て個人年金保険のメリットとデメリット

 個人年金保険は円建てが一般的ですが、なかには外貨建ての商品も販売されています。外貨建ての場合は、円建てよりも予定利率が高いなどの特徴を持っていますが、反面、為替変動のリスクを大きく受けてしまう短所も併せ持っています。

外貨建ての場合の予定利率は、外貨の種類などで差はありますが、全般的に高くなっているようです。例えば、円建ての場合の予定利率は1.0%程度ですが、これが豪ドルの場合は3%程度もあります。

※ 予定利率等の数字は、執筆時点でのものです。

ただリスクも伴い、保険料や死亡保険金、解約返戻金、年金原資のすべてが、為替の影響を受けることになります。高い予定利率で運用されていても、年金受取時などの為替レートが契約時よりもはるかに円高に振れていれば、日本円での受取額が元本割れしてしまう可能性もあります。なお、円換算や外貨換算するときには、それぞれに為替手数料がかかることになりますので覚えておくといいでしょう。

外貨建ての場合は、将来の年金額が大きく増えることもあれば、減少して元本を割り込むことも可能性としてはあると言うことを、加入時に十分に理解しておく必要があります。

外貨建てのメリット・デメリット
外貨建てのメリット 外貨建てのデメリット
予定利率が高い 為替の影響を受ける
保険金などは外貨ベースで確定している 為替手数料がかかる
円安時には円での受取額が増える 円高時には円での受取額が減る

外貨建て個人年金保険の特徴

 個人年金保険の保険料を外貨(ドル・ユーロなど)で支払う(一時払いが一般的)タイプの保険商品です。一般的に個人年金保険の保険料は円建てで支払いますが、外貨建ての場合は円建てよりも利回りが良いので、退職金などでお金に比較的余裕のある方などが利用されています。外貨で支払った保険料は保険会社が運用し、年金が必要になった時に円に換算して支払われる仕組みになっています。

外貨の種類は、「米ドル・ユーロ・豪ドル」などですが、保険会社によって取り扱っている外貨の種類は異なっています。保険料の支払方法は一時払いが一般的になっていますが、なかには月払いや年払い可能な保険会社もありますので、この辺も確認してみてください。

  • 外貨建て個人年金保険の保険料は外貨で支払う
  • その国の国債などを売買して運用します
  • 予定利率は円建ての個人年金よりも高くなっています
  • 為替リスクの影響を常に受けることになります
  • 年金として又は一時金として受け取る場合は、外貨を円に両替したかたちで受取ます(為替相場の状況によっては、円に換算した際に元本割れすることもあります)
  • 外貨のまま受け取ることもできます

保険加入契約時に外貨をベースとした将来の受取額は確定していますが、常に為替相場は変動しているので、円に換算した場合の受取額は確定しないのが一般的です。

外貨建ての通貨の種類は「外貨建て個人年金保険の外貨の種類」で確認できます。

外貨建てで注意すること

外貨建てでは、保険料の支払い方法は一時払い(一括して支払う)が一般的です。資金的に余裕のある世代の方ならいいでしょうが、あまり資金的余裕が無い若い世代には不向きかもしれません。

保険会社が倒産した場合などは、その保険会社が「生命保険契約者保護機構」に加入していれば、ある程度の補償はありますが、そうでなければ年金受取額が減額されてしまうこともありますので、覚えておくといいでしょう。

税額控除も、通常の「月払い」などで支払っていれば「個人年金保険料控除」の対象になります。ですが、一時払いの場合は、個人年金保険料控除の対象外になりますので、税制面ではあまり優遇されていないようです。

無料保険相談を試してみる

保険のプロからアドバイスをうけることで、個人年金保険だけに限らず、医療保険、がん保険、学資保険、介護保険など、保険料を大幅に減額することが可能です。

保険相談のLifullでは、テレビCMでお馴染の「保険見直し本舗、保険クリニック、みつばち保険、保険ほっとライン、ほけん百花、保険ひろば」など全国1000店舗以上の保険ショップと提携し無料保険相談の予約ができます。お近くの店舗を探してみてください。

全国1000店舗以上の無料保険相談店舗で気軽に保険の相談
保険相談のLifull

なお、「ほけんの窓口」での無料保険相談を試してみたい方は、下記よりお近くの店舗を探してみてください。


運営者情報ほか

カテゴリリスト

月別アーカイブリスト

Copyright © これから始める個人年金保険 All Rights Reserved