5年ごと利差配当付個人年金保険

 個人年金保険を検討している方は、「5年ごと利差配当金付個人年金保険」というのをパンフレットなどで目にしているのではないでしょうか?

5年ごと利差配当付個人年金保険は、景気などの影響を比較的受けやすい保険商品です。契約者から預かった保険の原資(保険料)は、国債や株式などで運用され、その利益が契約者に還元されていく仕組みになっています。しかし、運用で運用益が当初の予想を上回らなければ還元されるべき配当は無いということになってしまいます。

5年ごと利差配当付個人年金保険の概要

5年ごと利差配当金付個人年金保険のイメージ


 5年ごと利差配当付個人年金保険では、上図にあるように「契約者配当」を受け取ることができます。保険会社は契約者から保険料を預かり、その資金を運用して増やしていきます。このとき、運用が成功して運用益が当初の予定した運用益を上回った場合に、契約者配当金が5年ごとに支払われることになっています。

年金の受取では、年金受取期間の年金受取日に被保険者が生存していれば年金を受け取ることができます。万が一、受取期間中に被保険者が亡くなった場合でも、残りの年金現価を受け取ることができます。

死亡給付金については、年金受取期間前に被保険者が亡くなった場合に受け取る金額は、既に払込が済んでいる保険料相当額が支払われるのが一般的です。

5年ごと利差配当付個人年金保険の特徴

  • 上図のように5年ごとに配当金が積み立てられ年金原資に加算されていきます
  • 通常の配当が付かない個人年金と比べると保険料は高め
  • 運用実績によっては配当が付かないこともある
  • 経済の状態に左右される(景気の影響を受けやすい)

まとめ

5年ごと利差配当付個人年金保険は、この保険の特徴にもあるように、景気の影響を受けやすい保険商品です。相場での運用実績いかんで配当があるかどうかが決まります。運用成績が振るわなければ、当然配当はありません。

配当が無いのに保険料は通常の年金保険より高くなりますので、加入する際は、どの程度の配当が見込めるのか、ここ数年の配当実績はどうかなど、十分に保険会社のホームページなどで確認した方がいいでしょう。

私も個人年金保険に入る際に、この利差配当付保険を検討したことがありました。ですが、その当時は配当金はほぼ見込めないと判断し、普通の確定型年金に加入することにしましたが、最近は景気もやや上向きになってきていますので、配当金も期待できるかもしれません。いずれにしても、これから加入する方は、よく調べてから契約するかどうか判断したほうが良いと思います。

無料保険相談を試してみる

保険のプロからアドバイスをうけることで、個人年金保険だけに限らず、医療保険、がん保険、学資保険、介護保険など、保険料を大幅に減額することが可能です。

保険相談のLifullでは、テレビCMでお馴染の「保険見直し本舗、保険クリニック、みつばち保険、保険ほっとライン、ほけん百花、保険ひろば」など全国1000店舗以上の保険ショップと提携し無料保険相談の予約ができます。お近くの店舗を探してみてください。

全国1000店舗以上の無料保険相談店舗で気軽に保険の相談
保険相談のLifull

なお、「ほけんの窓口」での無料保険相談を試してみたい方は、下記よりお近くの店舗を探してみてください。


運営者情報ほか

カテゴリリスト

月別アーカイブリスト

Copyright © これから始める個人年金保険 All Rights Reserved