積立利率変動型個人年金保険

 積立利率変動型個人年金保険は、日本の金利情勢の影響を受ける保険商品です。この年金保険と似たようなものに「5年ごと利差配当付個人年金保険」というのがありますが、まったく違う保険と考えたほうがいいでしょう。

この保険では最低保証予定利率が設定されています。そのため、元本割れになることはありません。保険料に関しては、基本的に一時払いを採用している保険会社が多いようですから、契約時にはまとまったお金の準備が必要になります。

金利が低い低金利のときには、あまりうま味の感じられない部分もあるようですが、いろいろな保険会社で取り扱われてきました。ここでは、この「積立利率変動型個人年金保険」の概要について見ていきます。

積立利率変動型個人年金保険の概要

積立利率変動型個人年金保険のイメージ


積立利率変動型個人年金保険では、名前の通り「積立利率が日本の金利情勢によって変動」するタイプの年金保険です。金利情勢に応じて積立利率が決まり、その決められた積立利率によって積立金は増加していきます。

将来に受取る年金額は、この積立金に年金支払開始日における予定利率などを適用することで決まりますから、加入時点で将来受取る年金額はわかりません。

景気が良く金利が上がれば将来受け取る年金額も増加することになります。ですが、金利が低金利となれば、さほど年金額は増えないということになります。

積立利率変動型個人年金保険の特徴

  • 積立利率保証期間ごとに金利情勢に応じて積立利率を決めます
  • 金利情勢が良い(景気が良い)と将来受け取る年金額も増加します
  • 予定利率には、最低保証予定利率がある
  • 積立利率は積立利率保証期間(5年・6年・10年など)ごとに設定されるのが一般的です
  • 将来の年金額は加入時に確定せず、年金受取開始日まで確定しません

まとめ

現在、この「積立利率変動型個人年金保険」を取り扱っている保険会社は少なくなっているようですが、景気が良くなり金利が上がる状況ならメリットのある商品だと思います。ただ、預金金利や貸し出し金利などでも言えることですが、金利情勢が良くなっても即座に積立利率に反映されるものではありません。

この辺もしっかり理解しておきたい項目の一つでしょう。

無料保険相談を試してみる

保険のプロからアドバイスをうけることで、個人年金保険だけに限らず、医療保険、がん保険、学資保険、介護保険など、保険料を大幅に減額することが可能です。

保険相談のLifullでは、テレビCMでお馴染の「保険見直し本舗、保険クリニック、みつばち保険、保険ほっとライン、ほけん百花、保険ひろば」など全国1000店舗以上の保険ショップと提携し無料保険相談の予約ができます。お近くの店舗を探してみてください。

全国1000店舗以上の無料保険相談店舗で気軽に保険の相談
保険相談のLifull

なお、「ほけんの窓口」での無料保険相談を試してみたい方は、下記よりお近くの店舗を探してみてください。


運営者情報ほか

カテゴリリスト

月別アーカイブリスト

Copyright © これから始める個人年金保険 All Rights Reserved