有期年金の長所と短所

 個人年金保険の中の「有期年金」は、一定の期間だけ年金が支給されるタイプの個人年金です。年金が支給される期間は、10年・15年などとなっていて、確定年金よりは長期間に渡って支給されますが、被保険者が生きている限りという条件が付きます。

この有期年金は生存型の保険ですから、年金受取期間中に被保険者が死亡した場合、その時点で年金は終了してしまい、場合によっては支払った保険料分をまったく受取らないままになってしまう事もあります。

ここでは、有期年金のメリットやデメリットなどの概要を見ていきます。

有期年金の概要

個人年金保険には、「確定年金」「終身年金」「有期年金」の種類があり、その中で有期年金は被保険者が生存している間だけ年金が支給され、被保険者が万一死亡してしまうと年金も打ち切られてしまうのが特徴の一つです。

この保険に加入する場合は、一定の保証期間の付いたタイプがあるので、そちらに入るのが一般的です。これは、終身年金の場合でも同じで、せっかく保険料を払い込んだのに、年金受取開始直後に亡くなってしまった場合、年金をほとんど受け取らないまま年金がストップしてしまうためです。

有期年金に保証期間を付けることで、一定に期間は被保険者の生死にかかわらず年金を受取ることができるようになります。

有期年金のイメージ

有期年金のメリット・デメリット

有期年金は、老後の年金を生きていることを条件に受取れるタイプの個人年金保険です。そのため、途中で死亡してしまうと、その時点で年金が打ち切られてしまうという、加入者にとってのデメリットがあります。

それとは逆に、保険会社から見れば、受取期間中であっても被保険者が死亡すれば、年金を支給しなくて良いというメリットと言える部分があります。そのため、保証期間が付かないタイプの商品が最も保険料は安くなっています。

有期年金の特徴

  • 被保険者が生きている限り年金を受け取れます
  • このタイプの年金保険が最も保険料が安くなります(保証期間が付かないタイプ)
  • 年金を受け取れる期間は10年・15年などの種類があります

この保険の場合は、上記のように途中で死亡してしまった場合、年金が受け取れなくなるリスクがあります。加入されている方は、一定の保証期間が付いたタイプに加入されているようです。

一方、保険料が同じである場合には、将来受け取れる年金額は保証期間のある確定年金よりも多くなっていますので、生存中の年金の充実を求める場合には適しています。

まとめ

この年金保険の場合は、上記にもあるように、死亡した場合の保証よりも、生きている間の年金を重視する方には適しています。保険料も比較的安い設定になっていますので、長生きには自信があるという方には適しています。

ただ、そうは言っても、人の寿命は誰にも分からないことなので、やはり年金受取開始直後に亡くなった時のリスクを考えると保証期間付きの方が良いと思います。

無料保険相談を試してみる

保険のプロからアドバイスをうけることで、個人年金保険だけに限らず、医療保険、がん保険、学資保険、介護保険など、保険料を大幅に減額することが可能です。

保険相談のLifullでは、テレビCMでお馴染の「保険見直し本舗、保険クリニック、みつばち保険、保険ほっとライン、ほけん百花、保険ひろば」など全国1000店舗以上の保険ショップと提携し無料保険相談の予約ができます。お近くの店舗を探してみてください。

全国1000店舗以上の無料保険相談店舗で気軽に保険の相談
保険相談のLifull

なお、「ほけんの窓口」での無料保険相談を試してみたい方は、下記よりお近くの店舗を探してみてください。


運営者情報ほか

カテゴリリスト

月別アーカイブリスト

Copyright © これから始める個人年金保険 All Rights Reserved