定額個人年金保険の長所と短所

 個人年金保険の中には、保険契約時に将来受け取る年金額が決まっている「定額個人年金保険」と、保険会社が株式市場などで預かった保険料を運用し、その運用実績によって受け取る年金額が変わる「変額個人年金保険」があります。

変額個人年金のように、運用次第で大きく年金額が増えることはありませんが、確実に決められた金額を受け取ることができる「定額個人年金保険」は、個人年金の中では一番確実性があり加入される方の多い年金保険です。

定額個人年金保険のメリット・デメリット

定額個人年金は、コツコツ将来の生活資金を安定的に蓄えれる特徴があり、変動型のように大きく年金額が増える可能性はありませんが、途中で解約さえしなければ、元本を割り込むことが無いのが最大のメリットだと思います。

定額個人年金保険のメリット

定額個人年金の場合は、契約時に将来受け取る年金額が分かりますので、老後の生活設計も立てやすくなります。65歳からの公的年金支給までのつなぎとしても利用できるなど、幅広い活用方法があります。何と言っても安定しているのが一番のメリットです。

  • 契約時に受取年金額が決まります
  • 比較的景気の影響を受けにくい
  • 公的年金支給までのつなぎ資金としても利用できる

定額個人年金保険のデメリット

定額個人年金の場合、途中で解約すると積み立てた保険料が全額戻ってこない可能性があります。ですから、余程のことが無い限り中途解約はしないほうがいいと思います。

預貯金の場合は、途中で解約しようと全部自分のお金ですから、預けた原資が減ることはありません。ですが、定額個人年金保険の場合は、全額返金にはならない場合があるため元本割れになってしまいます。この点は、預貯金と比べ不利な部分です。

  • 途中で解約すると元本割れになる可能性がある
  • 年金を一定期間受取るタイプでは終了後の生活設計を別途たてなくてはいけない
  • インフレリスクがある

定額個人年金保険の概要

定額個人年金保険イメージ

定額個人年金保険の保険料支払いは、一般的な月払いや、半年払い、年払い、契約時に一括して支払う一時払いなどがあります。

保険料は、年払いなど、まとめて支払えば割引があり保険料を節約できますが、一括で支払うため、まとまった資金を用意する必要があります。なお、一時払いの場合が一番「返戻率」が高くなっていますので、資金に余裕のある方は利用を検討してもいいと思います。

年金の受け取り方には、一定期間や一生涯などの種類があります。一定期間タイプには、確定年金有期年金などの種類があり、5年・10年・15年などの期間だけ年金を受け取れます。一括で受け取ることもできます。一生涯に渡って年金を受け取れるのは終身年金で、被保険者が生きている限り年金を受け取ることができます。

また、定額型に配当が付くタイプと無配当のタイプがあります。配当金付きの場合、年金額の増額が期待できます。(※ 配当付きでも必ず配当があるということではなく、場合によっては無配当ということもありえます)

まとめ

定額個人年金の一番良いところは、年金原資(年金の元になるお金)について元本保証されていることで、途中で解約さえしなければ元本割れになることはありません。

保険を契約した時に、老後に受取る年金額が確定しますから、それを基にした老後の生活設計も立てやすくなると言う利点もあります。

定額個人年金保険は、支払う保険料や受け取る年金額が契約時に決まるタイプですから、確実性を持って老後の生活資金を準備することができます。変額型のように、景気によって年金原資が増減することもありません。

無料保険相談を試してみる

保険のプロからアドバイスをうけることで、個人年金保険だけに限らず、医療保険、がん保険、学資保険、介護保険など、保険料を大幅に減額することが可能です。

保険相談のLifullでは、テレビCMでお馴染の「保険見直し本舗、保険クリニック、みつばち保険、保険ほっとライン、ほけん百花、保険ひろば」など全国1000店舗以上の保険ショップと提携し無料保険相談の予約ができます。お近くの店舗を探してみてください。

全国1000店舗以上の無料保険相談店舗で気軽に保険の相談
保険相談のLifull

なお、「ほけんの窓口」での無料保険相談を試してみたい方は、下記よりお近くの店舗を探してみてください。


運営者情報ほか

カテゴリリスト

月別アーカイブリスト

Copyright © これから始める個人年金保険 All Rights Reserved