保証期間付有期年金と終身年金の長所と短所

 保証期間の付かないタイプの有期年金や終身年金は、どちらも年金受取期間の途中で被保険者が死亡た場合、年金の支給が終了してしまうのが短所でした。

確定年金のように、被保険者が万が一死亡しても、年金受取対象期間に残りがあれば遺族が年金を受取れるタイプではありません。この短所を補うために、有期年金や終身年金にも一定の期間(10年や15年)の保証を付けたのが、保証期間付有期年金や保証期間付終身年金です。

一定の保証期間が付いたことで、万一の時にも一定期間は年金を受け取ることができますが、保証が付加されることで保険料が高くなってしまうなど使いにくい面も出てきます。

それぞれの年金保険の詳細は以下のページで確認できます。

保証期間付有期年金と終身年金の特徴

保証期間の付かない有期年金や終身年金では、被保険者の死亡と同時に年金がストップしてしまうのがデメリットでした。これを補う形で一定の保証期間を付けたものが、保証期間付有期年金と保証期間付終身年金です。

保証期間を何年にするかは自分で選ぶことができますが、10年間の保証を付ける方が多いようです。ご自身の生活設計に合わせて選択されるといいでしょう。

  • 保証無しと比べて一定期間の年金を確実に受け取る事ができる
  • 保証期間は10年、15年など
  • 保証期間無しと比べると保険料が高くなる

まとめ

有期年金や終身年金に加入する際は、保証期間の付いたタイプに加入するのが一般的になっているようです。ですが、保証期間が付かないタイプよりも、支払う保険料は高くなるなどのデメリットも生じてしまいます。それならば、有期年金に保証期間を付けて加入するより、初めから受取期間が約束されている確定年金を選んだほうが良いように思います。

また、終身年金を選択されるなら保証期間を付けたものも検討されると良いと思いますが、どちらのタイプの終身年金でも、支払った保険料を回収するためには、平均寿命前後まで生きないと回収できないことを覚えていて頂きたいと思います。

※ 参考までに、記事執筆時点での平均寿命は、男性79歳・女性86歳となっていました。

無料保険相談を試してみる

保険のプロからアドバイスをうけることで、個人年金保険だけに限らず、医療保険、がん保険、学資保険、介護保険など、保険料を大幅に減額することが可能です。

保険相談のLifullでは、テレビCMでお馴染の「保険見直し本舗、保険クリニック、みつばち保険、保険ほっとライン、ほけん百花、保険ひろば」など全国1000店舗以上の保険ショップと提携し無料保険相談の予約ができます。お近くの店舗を探してみてください。

全国1000店舗以上の無料保険相談店舗で気軽に保険の相談
保険相談のLifull

なお、「ほけんの窓口」での無料保険相談を試してみたい方は、下記よりお近くの店舗を探してみてください。


運営者情報ほか

カテゴリリスト

月別アーカイブリスト

Copyright © これから始める個人年金保険 All Rights Reserved