年金の種類は何があるか

 年金は、その管理や運営を誰が行っているかによって、公的年金、企業年金、個人年金に分けられます。国が管理運営してるのが「公的年金」、企業が社員の複利厚生の一環で行っているのが「企業年金」、生命保険会社などが行っているのが「個人年金」です。

年金の種類は3タイプ
年金の種類 運営 概要
公的年金 国が運営管理 加入対象は全国民で、自ら加入するかどうかを選ぶことはできない。国民年金、厚生年金、共済年金のどれかに加入しなけばいけない
企業年金 企業が運営を委託 会社が企業年金制度を導入していれば入できる
個人年金 保険会社等 加入は自分の意思で決め、老後に一定期間または一生に渡って積み立てたお金を受取ることができる

公的年金

老後の生活を支える年金の中でも基本になるのが、この公的年金です。

公的年金制度

  • 国民年金
    全国民が加入していて、基本(基礎年金)の一階部分となるための年金
  • 厚生年金
    企業などに勤めるサラリーマンなどが加入する二階部分にあたる年金
  • 共済年金
    公務員や学校の職員などが加入する二階部分にあたる年金

企業年金

公的年金を補うものとしての役割や、退職金の支払いを軽減する目的で、企業が社員のための複利厚生の一環として行っているのが企業年金です。この制度を利用できるのは、勤めている会社に、企業年金制度がある場合に限ります。

企業年金にはいくつかの種類があります。

  • 厚生年金基金

    厚生労働大臣の認可を受けて設立された法人が運営する。加入できる人は、社員・アルバイト・パートの方が対象です。

  • 確定給付企業年金

    労使の合意による年金規約に基づいて運営される年金で、規約型と基金型の2種類がある。規約型は、企業が年金資産の運用・管理・給付まで行い、基金型は、別に基金を設立して、年金資産の運用・管理・給付を行います。

  • 自社年金

    会社がすべての運営管理を行うタイプ

  • 確定拠出金型年金

    企業や加入者が、あらかじめ決められた方式(報酬の一定割合など)で拠出し、運用は加入者が自己責任で行う(日本版401Kと呼ばれる)

個人年金

公的年金や企業年金だけでは老後の生活が不安という方が、自分で生命保険会社などと個別に契約するのが個人年金で、一般的には「○○確定年金」や、「○○終身年金」などの名称で販売されています。

個人年金には、将来の年金額が契約時に確定する定額年金型と、投資的な要素を持ち、将来の年金額は運用成績が順調なら増額もありえるという変額年金型に分かれています。

また、通常は円で積立てをしますが、これを外貨で積立を行う「外貨建て個人年金保険」などもあります。外貨建ては、円で積立を行うものより、予定利率が高いなどのメリットがある反面、為替の影響を受けるデメリットも持っています。

無料保険相談を試してみる

保険のプロからアドバイスをうけることで、個人年金保険だけに限らず、医療保険、がん保険、学資保険、介護保険など、保険料を大幅に減額することが可能です。

保険相談のLifullでは、テレビCMでお馴染の「保険見直し本舗、保険クリニック、みつばち保険、保険ほっとライン、ほけん百花、保険ひろば」など全国1000店舗以上の保険ショップと提携し無料保険相談の予約ができます。お近くの店舗を探してみてください。

全国1000店舗以上の無料保険相談店舗で気軽に保険の相談
保険相談のLifull

なお、「ほけんの窓口」での無料保険相談を試してみたい方は、下記よりお近くの店舗を探してみてください。


運営者情報ほか

カテゴリリスト

月別アーカイブリスト

Copyright © これから始める個人年金保険 All Rights Reserved