国民年金の加入と保険料のしくみ

 国民年金の保険料を納めなければならないのは、20歳以上60歳未満の退職した人、自営業者、学生、フリーターなどの人たちです。この人たちは、サラリーマンなどと違って自ら保険料を納めなければいけません。

なお、サラリーマンの場合は厚生年金に加入しますが、同時に国民年金の第2号被保険者にもなっています。公的年金は、下記の図のように、2階建て方式になっていて、1階部分が国民年金で、2階部分が厚生年金や共済年金になっています。

2階建て方式の年金制度イメージ

国民年金加入者には3種類の人がいる

公的年金の中の国民年金は、20歳以上で60歳未満の人が強制加入になります。サラリーマンや公務員で厚生年金や共済年金に入っている人や、夫に扶養されている主婦の方なども国民年金に入っています。

国民年金の加入者(=被保険者)には、下記の3種類のタイプがあります。

国民年金加入者別の分類
タイプ 加入している人
第1号被保険者 自営業者、学生、フリーター、家庭の主婦、弁護士などの士業の人や医師で勤務医でない人など
第2号被保険者 サラリーマンや公務員などの、厚生年金や共済年金に加入している人
第3号被保険者 サラリーマンの配偶者など

国民年金の受給資格が無い人はどうすればいいか

65歳になっても国民年金(老齢基礎年金)の受給資格が無い人は、国民年金も厚生年金ももらえず、無年金となってしまいます。保険料の支払い期間の合計が基準に足りなかったり、保険料の未納があったりすれば、受給資格を満たすことができないからです。

これに該当する方は、厚生年金に加入する、または国民年金に加入するなどして、保険料の支払い期間を増やすことができます。

保険料の支払い期間を増やすためのポイント

  • 70歳までに会社に勤めて厚生年金に入る
  • 国民年金に任意加入する

※ 国民年金に任意加入できるのは、65歳までですが、昭和40年4月1日以前生まれの方は、70歳まで加入することができます。


サラリーマンをしていた人が60歳未満で退職したような場合では、厚生年金から国民年金に切り替わりますから、退職日の翌日から14日以内に手続きをしなくてはいけません。

手続きをしないまま放置しておくと、その期間が保険料滞納期間となり、将来の年金額に影響してきますので、早めにに市役所などで手続きすることをお薦めします。なお、保険料支払いにも時効があり、年金の場合は2年で時効がきてしまい、その間の保険料は支払えなくなります。

無料保険相談を試してみる

保険のプロからアドバイスをうけることで、個人年金保険だけに限らず、医療保険、がん保険、学資保険、介護保険など、保険料を大幅に減額することが可能です。

保険相談のニアエルでは、テレビCMでお馴染の「保険見直し本舗、保険デザイン、保険ほっとライン、みつばち保険、ほけんの110番、保険選科、保険テラス」など全国1200店舗以上の保険ショップと提携し無料保険相談の来店予約ができます。お近くの店舗を探してみてください。

全国1200店舗以上の無料保険相談店舗で気軽に保険の相談
保険相談のLifull


運営者情報ほか

カテゴリリスト

月別アーカイブリスト

Copyright © これから始める個人年金保険 All Rights Reserved