資格期間が不足する人も年金がもらえる場合がある

 国民年金から支払われる老齢基礎年金は、基本的に25年以上の加入期間がなければ、将来年金をもらうことができません。しかし、人によってはもっと短い期間で年金を受給する資格期間(受給資格)を満たす人がいます。

これは年金制度が今のような仕組みになるまでの過程で、いろいろな制度変更などがあったため、制度変更により損をする人が出ないようになっているためです。

公的年金の国民年金や厚生年金などでは、前述の通り、最低でも25年の加入期間が無ければ将来年金を受給することができませが、例外として、下表に当てはまる人たちは、25年に満たなくても年金受給に必要な資格期間を満たす場合があります。

生年月日によって最低加入期間が違う

下記の表のように、厚生年金保険の加入期間が生年月日に対応する期間以上ある人は、年金を受取ることができる最低資格期間を満たします。

これは、年金制度改正が行われた昭和61年に30歳以上だった人たちへの配慮として、例外的に設けられている措置です。

昭和61年に30歳以上だった人の最低必要な加入期間
生年月日 最低限必要な加入期間
昭和27年4月1日以前の人 20年以上
昭和28年4月1日以前の人 21年以上
昭和29年4月1日以前の人 22年以上
昭和30年4月1日以前の人 23年以上
昭和31年4月1日以前の人 24年以上

さらに、昭和26年4月1日より前に生まれの人で、40歳(女性の場合は35歳)以降からの厚生年金保険加入期間が、下表の生年月日に対応する期間以上ある人は資格期間を満たします。

昭和61年に35歳以上だった人の最低必要な加入期間
生年月日 最低限必要な加入期間
昭和22年4月1日以前の人 15年以上
昭和23年4月1日以前の人 16年以上
昭和24年4月1日以前の人 17年以上
昭和25年4月1日以前の人 18年以上
昭和26年4月1日以前の人 19年以上

このように、最も最低加入期間の条件が短い人では、15年以上となっていますから、年金を受取れる資格を満たす層は拡大する事になります。しかし、もらえる年金額に関しては、加入期間相応の額しかもらう事ができません。

もらえる年金額は、加入期間を延ばすことで増やすこともできますから、最寄の年金事務所などで相談しながら、一度検討してみるといいでしょう。

参考)歳をとったら年金がもらえる

無料保険相談を試してみる

保険のプロからアドバイスをうけることで、個人年金保険だけに限らず、医療保険、がん保険、学資保険、介護保険など、保険料を大幅に減額することが可能です。

保険相談のLifullでは、テレビCMでお馴染の「保険見直し本舗、保険クリニック、みつばち保険、保険ほっとライン、ほけん百花、保険ひろば」など全国1000店舗以上の保険ショップと提携し無料保険相談の予約ができます。お近くの店舗を探してみてください。

全国1000店舗以上の無料保険相談店舗で気軽に保険の相談
保険相談のLifull

なお、「ほけんの窓口」での無料保険相談を試してみたい方は、下記よりお近くの店舗を探してみてください。


運営者情報ほか

カテゴリリスト

月別アーカイブリスト

Copyright © これから始める個人年金保険 All Rights Reserved