国民年金は40年で満額が支給されます

 国民年金の老齢基礎年金は、40年間保険料を払って始めて65歳から満額が支給されます。ただ、下表の生年月日に対応する方は、39年から25年まで加入可能な年数が短縮されていますので、この加入可能年数を満たせば全額支給されるようになります。

昭和16年4月2日以降に生まれた方は、加入可能年数は40年ですが、それ以前に生まれた方は下表のように「加入可能年数」が短縮されています。

加入可能年数一覧表
生年月日 加入可能な年数
大正15年4月1日~昭和2年4月1日 25年
昭和2年4月2日~昭和3年4月1日 26年
昭和3年4月2日~昭和4年4月1日 27年
昭和4年4月2日~昭和5年4月1日 28年
昭和5年4月2日~昭和6年4月1日 29年
昭和6年4月2日~昭和7年4月1日 30年
昭和7年4月2日~昭和8年4月1日 31年
昭和8年4月2日~昭和9年4月1日 32年
昭和9年4月2日~昭和10年4月1日 33年
昭和10年4月2日~昭和11年4月1日 34年
昭和11年4月2日~昭和12年4月1日 35年
昭和12年4月2日~昭和13年4月1日 36年
昭和13年4月2日~昭和14年4月1日 37年
昭和14年4月2日~昭和15年4月1日 38年
昭和15年4月2日~昭和16年4月1日 39年

この短縮された年数の全期間で保険料を納めていれば、40年に満たなくても満額が支給される事になっています。なお、厚生年金は、報酬に比例(給料の金額に比例する)した分が国民年金にプラスされる形で支給されます。

国民年金(老齢基礎年金)の満額の支給額は 788,900円です。(平成23年度)

付加保険料を払うと付加年金がプラスされる

国民年金に加入している(第1号被保険者)期間に、付加保険料の月400円を支払えば、国民年金をもらうときに付加年金が通常の国民年金にプラスする形で支給されます。

付加年金の支給額は 200円 × 付加保険料を納めた期間(月数)(物価スライドなし)

厚生年金や共済年金に入っていればさらにプラスされる

サラリーマンや公務員の人なら、厚生年金や共済年金が国民年金にプラスされる形で、給料の額に応じた年金額がプラスされます。さらに、厚生年金基金や企業年金などに加入していた人は、基金からも国民年金にプラスする形で年金が支給されます。

無料保険相談を試してみる

保険のプロからアドバイスをうけることで、個人年金保険だけに限らず、医療保険、がん保険、学資保険、介護保険など、保険料を大幅に減額することが可能です。

保険相談のLifullでは、テレビCMでお馴染の「保険見直し本舗、保険クリニック、みつばち保険、保険ほっとライン、ほけん百花、保険ひろば」など全国1000店舗以上の保険ショップと提携し無料保険相談の予約ができます。お近くの店舗を探してみてください。

全国1000店舗以上の無料保険相談店舗で気軽に保険の相談
保険相談のLifull

なお、「ほけんの窓口」での無料保険相談を試してみたい方は、下記よりお近くの店舗を探してみてください。


運営者情報ほか

カテゴリリスト

月別アーカイブリスト

Copyright © これから始める個人年金保険 All Rights Reserved