国民年金の繰上げ支給・繰下げ支給の考え方

 国民年金は普通65歳から支給されますが、希望すれば60歳から64歳までの間の、いつからでも早くもらうことができます。この早くもらうことを「繰上げ支給」と言っていますが、65歳から本来もうらう年金額より減額されて支給されることになります。

これとは逆に、66歳から70歳までの間で、本来よりも遅らせて受給することもできます。これは「繰り下げ支給」と言われていて、65歳からもらう年金額よりも増額されて支給されます。

繰上げと繰り下げの支給率

繰上げするか繰り下げするかは、それぞれの人の考え方次第で、どれが良いとは一概に言えません。自分はかなり長生きすると思えば「繰り下げ」し、本来よりも多くの年金額を受け取るのも良いかもしれません。

繰上げ支給と繰り下げ支給の支給率の一覧
年金受取
開始年齢
増減の率
(昭和16年4月1日以降生まれの人)
増減の率
(昭和16年4月1日以前生まれの人)
60歳 70% 58%
61歳 76% 65%
62歳 82% 72%
63歳 88% 80%
64歳 94% 89%
65歳 100% 100%
66歳 108.4% 112%
67歳 116.8% 126%
68歳 125.2% 143%
69歳 133.6% 164%
70歳 142% 188%

繰り下げするか繰り上げするかは考え方次第

繰上げ支給や繰り下げ支給では、5年間の違いで支給率は大きく変わってきます。繰上げ支給の場合は、65歳を基準に年金受取開始を1ヶ月早めるごとに0.5%減額され、60歳から年金をもらう場合では30%も減額されてしまいます。

逆に、繰り下げ支給の場合は、これも65歳を基準として、1ヶ月申請を遅くするごとに0.7%増額され、70歳から年金をもらうと42%増額されます。(昭和16年4月1日以前生まれの人は別の支給率が適用されます「上の表の右側」)

自分はあまり長生きしないと思う方は、早めに年金をもらう方がいいかもしれませんし、家系的に見ても、また自分の健康状態も良好だから長生きしそうだと思う方は、遅めに年金をもらう方が良いのかもしれません。

また、定年後も働いていて収入がある場合は、年金を受取る時期を遅くし、支給率を上げるのも良いかもしれません。例えば、国民年金を満額がもらえる人が、70歳に繰り下げた場合は「66,000円×1.42=93,720円」となり、月額で27,720円増えることになります。

老後の収入源は、国民年金などの公的が中心ですから、この増えた額は小さい額ではないと思います。ここは、自分のライフスタイルや健康状態なども併せて検討してみるといいでしょう。

無料保険相談を試してみる

保険のプロからアドバイスをうけることで、個人年金保険だけに限らず、医療保険、がん保険、学資保険、介護保険など、保険料を大幅に減額することが可能です。

保険相談のLifullでは、テレビCMでお馴染の「保険見直し本舗、保険クリニック、みつばち保険、保険ほっとライン、ほけん百花、保険ひろば」など全国1000店舗以上の保険ショップと提携し無料保険相談の予約ができます。お近くの店舗を探してみてください。

全国1000店舗以上の無料保険相談店舗で気軽に保険の相談
保険相談のLifull

なお、「ほけんの窓口」での無料保険相談を試してみたい方は、下記よりお近くの店舗を探してみてください。


運営者情報ほか

カテゴリリスト

月別アーカイブリスト

Copyright © これから始める個人年金保険 All Rights Reserved