厚生年金の報酬比例部分と特別支給の老齢厚生年金とは

 サラリーマンなどが加入する厚生年金保険には、60歳台前半からもらえる老齢厚生年金(特別支給の老齢厚生年金)と、65歳からもらえる本来の老齢厚生年金の2種類があります。

いずれの老齢厚生年金も、保険料を支払っていた期間と給料の額によって将来の年金額が決まります。給料の高かった人は、保険料も多く納めていたので、それだけ年金額も大きくなります。

特別支給の老齢厚生年金ってなに

特別支給の老齢厚生年金は、昭和61年の年金改正で、厚生年金保険の支給開始年齢が60才から65才に引き上げられましたが、この支給開始年齢を段階的に、スムーズに引き上げるために設けられた制度のことです。

昭和61年4月に、今まで個々に行っていた国民年金、厚生年金、共済年金が一つになり、新たな年金制度(基礎年金制度)が誕生しました。この改正で、年金を建物に例えた場合の1階部分はすべて基礎年金として一つにまとめました。そして、厚生年金・共済年金に入っている期間であっても1階部分の基礎年金は国民年金を支給することになりました。

2階建て方式の年金制度

「特別支給の老齢厚生年金」を受け取るためには、いくつかの条件があります。

  • 男性は、昭和36年 4月 1日以前に生まれたこと
  • 女性は、昭和41年 4月 1日以前に生まれたこと
  • 国民年金(老齢基礎年金)の受給資格期間(原則として25年)があること
  • 厚生年金保険などに1年以上加入していたこと
  • 60歳以上であること

特別支給の老齢厚生年金は段階的に廃止していく

特別支給の老齢厚生年金は段階的に廃止イメージ

上図の例は、男性の場合のもの(女性は5年遅れです)ですが、「特別支給の老齢厚生年金」部分が段階的に縮小していき、報酬比例部分に置き換わって行っています。そして、昭和36年4月2日以降生まれ(男性)の方からは、65歳からの老齢基礎年金と老齢厚生年金に統一されます。

現在65歳になる前にもらっている「特別支給の老齢厚生年金」は、平成13年度からは生年月日により、段階的に報酬比例部分だけになって行き、平成25年度からは、この報酬比例部分も段階的に無くなっていきます。

無料保険相談を試してみる

保険のプロからアドバイスをうけることで、個人年金保険だけに限らず、医療保険、がん保険、学資保険、介護保険など、保険料を大幅に減額することが可能です。

保険相談のLifullでは、テレビCMでお馴染の「保険見直し本舗、保険クリニック、みつばち保険、保険ほっとライン、ほけん百花、保険ひろば」など全国1000店舗以上の保険ショップと提携し無料保険相談の予約ができます。お近くの店舗を探してみてください。

全国1000店舗以上の無料保険相談店舗で気軽に保険の相談
保険相談のLifull

なお、「ほけんの窓口」での無料保険相談を試してみたい方は、下記よりお近くの店舗を探してみてください。


運営者情報ほか

カテゴリリスト

月別アーカイブリスト

Copyright © これから始める個人年金保険 All Rights Reserved