死亡給付金とは

 個人年金保険は、老後の生活を支える個人的な年金資金を蓄えるのが目的で、死亡保障が目的の保険ではありませんが、万が一被保険者が保険料払込期間中に死亡した場合には、死亡給付金として、払込保険料相当額が支払われます。

また、年金受取期間中に被保険者が死亡した場合には、加入している個人年金保険のタイプによって死亡給付金の扱いは変わります。

個人年金保険のタイプ別の死亡給付金

確定年金、有期年金、終身年金、保証期間付年金で扱いは下記のようになっています。

確定年金、有期年金、終身年金、保証期間付年金での死亡給付金の扱い
保険の種類 死亡給付金の扱い
確定年金 5年・10年・15年などの受取期間がありますが、死亡した時点以降の残りの期間分の年金、または一時金が支払われます
有期年金・終身年金 被保険者が死亡した時点以降の年金支給は終了します
保証期間付年金 有期年金や終身年金に保証期間が付いたタイプの保険ですが、保証期間内なら死亡した時点以降の残りの期間分の年金、または一時金が支払われますが、保証期間が過ぎていれば、その時点で年金の支給が終了します

無料保険相談を試してみる

保険のプロからアドバイスをうけることで、個人年金保険だけに限らず、医療保険、がん保険、学資保険、介護保険など、保険料を大幅に減額することが可能です。

保険相談のLifullでは、テレビCMでお馴染の「保険見直し本舗、保険クリニック、みつばち保険、保険ほっとライン、ほけん百花、保険ひろば」など全国1000店舗以上の保険ショップと提携し無料保険相談の予約ができます。お近くの店舗を探してみてください。

全国1000店舗以上の無料保険相談店舗で気軽に保険の相談
保険相談のLifull

なお、「ほけんの窓口」での無料保険相談を試してみたい方は、下記よりお近くの店舗を探してみてください。


運営者情報ほか

カテゴリリスト

月別アーカイブリスト

Copyright © これから始める個人年金保険 All Rights Reserved