積立利率変動型個人年金保険とは

 積立利率変動型個人年金保険とは、積立利率が変動するタイプの個人年金のことです。

個人年金保険には、積立利率が固定された「固定型の個人年金」と固定されていない「変動型の個人年金」があります。固定型の場合は、加入契約時に積立利率が決まっていて、将来の年金額も決められていますが、変動型の場合は、利率が変動しますので、年金額も決められていません。

積立利率変動型個人年金と変額個人年金は少し違う

積立利率変動型個人年金と似たような保険に、変額個人年金という保険があります。どちらも将来の年金額が契約時に決まっていないという特徴を持つ保険です。

変額個人年金は、保険会社が積立金を元に株式市場などで運用し、その運用成績によって受取年金額が決まるのに対し、積立利率変動型個人年金の場合が、市場金利にあわせて利率の見直しを行うため、大きく元本を割り込むようなことはありません。

ただ、現在のように低成長で金利も低い状態が続いているなかでは、積立利率変動型のメリットの恩恵にあずかることは難しいのが現実です。景気が良くなり金利も上昇すれば、固定型の保険よりも受取額が増えることもあります。

無料保険相談を試してみる

保険のプロからアドバイスをうけることで、個人年金保険だけに限らず、医療保険、がん保険、学資保険、介護保険など、保険料を大幅に減額することが可能です。

保険相談のLifullでは、テレビCMでお馴染の「保険見直し本舗、保険クリニック、みつばち保険、保険ほっとライン、ほけん百花、保険ひろば」など全国1000店舗以上の保険ショップと提携し無料保険相談の予約ができます。お近くの店舗を探してみてください。

全国1000店舗以上の無料保険相談店舗で気軽に保険の相談
保険相談のLifull

なお、「ほけんの窓口」での無料保険相談を試してみたい方は、下記よりお近くの店舗を探してみてください。


運営者情報ほか

カテゴリリスト

月別アーカイブリスト

Copyright © これから始める個人年金保険 All Rights Reserved