被保険者とは

 被保険者とは、年金に加入している人のことを言います。個人年金保険の場合でも、保険ですので必ず被保険者が存在します。

一般的な生命保険契約では、契約者、被保険者、受取人を指定して契約を行いますが、個人年金保険の場合でも同様に扱われます。

誰を被保険者にして契約すればいいか

それぞれの家庭で事情はさまざまでしょうが、一般的には平均寿命の長い妻を被保険者としたほうが良いといわれています。男性の平均寿命は79歳、女性の平均寿命は86歳ですから、生きている限り年金を受け取ることができる終身年金のような個人年金なら、断然妻を被保険者としたほうがいいと思います。

税金対策も忘れずに

個人年金にも税金がかかりますが、最低限のポイントを押さえておけば節税になります。まず、契約者と受取人が違う場合、年金受取時に贈与税がかかってしまいます。これを同じにしておけば所得税と住民税だけになり贈与税はかかりません。

節税のポイントもしっかり押さえて「契約者、被保険者、受取人」を決めるといいでしょう。

無料保険相談を試してみる

保険のプロからアドバイスをうけることで、個人年金保険だけに限らず、医療保険、がん保険、学資保険、介護保険など、保険料を大幅に減額することが可能です。

保険相談のLifullでは、テレビCMでお馴染の「保険見直し本舗、保険クリニック、みつばち保険、保険ほっとライン、ほけん百花、保険ひろば」など全国1000店舗以上の保険ショップと提携し無料保険相談の予約ができます。お近くの店舗を探してみてください。

全国1000店舗以上の無料保険相談店舗で気軽に保険の相談
保険相談のLifull

なお、「ほけんの窓口」での無料保険相談を試してみたい方は、下記よりお近くの店舗を探してみてください。


運営者情報ほか

カテゴリリスト

月別アーカイブリスト

Copyright © これから始める個人年金保険 All Rights Reserved