変額個人年金保険とは

Pocket

 変額個人年金保険とは、受け取る年金額が増えたり減ったりと変動するタイプの個人年金保険のことです。

変額個人年金保険は、集めた保険料を株式市場などで運用します。運用益が出れば受け取る年金額が増えますが、逆に運用損が出れば年金額は減少します。このように運用成績に左右されるのが、この保険の特徴です。

景気が悪ければメリットは少ない

一般的に運用は、個別株式で運用されるよりも投資信託などで運用されるケースが多く、個別株のように大きく乱高下はしませんから、比較的安全だとも言えます。ですが、多くの投資信託が利益を出せていない現状をみると、一昔前のような運用益は望めないと思います。

変額年金の場合は、年金額が増える可能性があるのが最大の魅力ですので、景気が悪く経済成長が鈍い時期には、年金額は増えるどころか減ってしまう可能性もあります。

現状では、あまりおすすめできませんが、年金保険に投資的な意味合いを持たせたい人には良いかもしれません。その時は、元本割れのしない最低保証の付いている「変額個人年金保険」を選ぶといいでしょう。

無料保険相談を試してみる

保険のプロからアドバイスをうけることで、個人年金保険だけに限らず、医療保険、がん保険、学資保険、介護保険など、保険料を大幅に減額することが可能です。

保険相談のニアエルでは、テレビCMでお馴染の「保険見直し本舗、保険デザイン、保険ほっとライン、みつばち保険、ほけんの110番、保険選科、保険テラス」など全国1200店舗以上の保険ショップと提携し無料保険相談の来店予約ができます。お近くの店舗を探してみてください。

全国1200店舗以上の無料保険相談店舗で気軽に保険の相談
保険相談のLifull

Pocket

運営者情報ほか

カテゴリリスト

月別アーカイブリスト

Copyright © これから始める個人年金保険 All Rights Reserved