解約控除とは

 解約控除とは、保険の解約返戻金を計算するときに、保険契約者の積立金から差し引かれる金額のことをいます。

契約日よりあまり年数が経過していない場合、解約による解約返戻金の支払いには、保険会社が積立金から一定の割合で控除することになっています。一般的に短期間で解約する場合、経過年数が短ければ短いほど解約控除は高くなります。

短期間で解約すると損をする

契約を結んでから短期間で解約すると解約控除が発生しますが、それは契約していた年数によって控除率が決められています。例えば、1年未満なら7%、2年未満で6%などのように決められていて、8年目以降なら控除されない仕組みにになっています。

これは他の貯蓄性保険なども同じで、一度加入契約したら最低8年以上は解約しないことが大事になります。そうでなければ、本来は支払う必要の無いお金が解約控除として引かれてしまいます。

保険料の仕組み)
私たちが積み立てた保険料は、将来の年金保険のための「純保険料」と保険会社の手数料や経費部分に充てられる「付加保険料」で構成されています。このため、契約まもなくの解約の場合、保険会社の経費などをまかなうことが出来なくなるため、解約控除として解約返戻金から差し引くことになります。

無料保険相談を試してみる

保険のプロからアドバイスをうけることで、個人年金保険だけに限らず、医療保険、がん保険、学資保険、介護保険など、保険料を大幅に減額することが可能です。

保険相談のLifullでは、テレビCMでお馴染の「保険見直し本舗、保険クリニック、みつばち保険、保険ほっとライン、ほけん百花、保険ひろば」など全国1000店舗以上の保険ショップと提携し無料保険相談の予約ができます。お近くの店舗を探してみてください。

全国1000店舗以上の無料保険相談店舗で気軽に保険の相談
保険相談のLifull

なお、「ほけんの窓口」での無料保険相談を試してみたい方は、下記よりお近くの店舗を探してみてください。


運営者情報ほか

カテゴリリスト

月別アーカイブリスト

Copyright © これから始める個人年金保険 All Rights Reserved