厚生年金とは

 厚生年金とは、サラリーマンなどが加入する国の運営する公的年金制度です。厚生年金の保険料は、国民年金とは異なり収入によって決まってきます。

給与収入が多い人はそれだけ厚生年金保険料を多く支払っています。保険料を多く支払っているので、将来に受け取る厚生年金額も多くなります。

株式会社や有限会社などの法人資格を持つ会社の場合は、従業員の人数に関係なく厚生年金に加入する必要があります。また、個人事業主(例えば、個人経営の喫茶店のオーナーなど)の場合でも、従業員が5人以上いる場合には加入しなければいけません。

厚生年金保険料は事業主と従業員が折半します

厚生年金の保険料は、会社と従業員が折半で支払うことになっています。

厚生年金の保険料率は、17.120%(平成25年9月分から)になっていて、折半すると8.56%となります。なお、坑内員や船員の方は、17.440%で折半すると8.72%となります。

厚生年金保険料表(一部抜粋)- 日本年金機構より
標準報酬月額 全額 折半額
20万円
(報酬月額19万円~21万円)
34,240円 17,120円
30万円
(報酬月額29万円~31万円)
51,360円 25,680円
50万円
(報酬月額48.5万円~51.5万円)
85,600円 42,800円

サラリーマンの方は、給与明細などを見ると、上表の折半額が厚生年金保険料として控除されています。

無料保険相談を試してみる

保険のプロからアドバイスをうけることで、個人年金保険だけに限らず、医療保険、がん保険、学資保険、介護保険など、保険料を大幅に減額することが可能です。

保険相談のLifullでは、テレビCMでお馴染の「保険見直し本舗、保険クリニック、みつばち保険、保険ほっとライン、ほけん百花、保険ひろば」など全国1000店舗以上の保険ショップと提携し無料保険相談の予約ができます。お近くの店舗を探してみてください。

全国1000店舗以上の無料保険相談店舗で気軽に保険の相談
保険相談のLifull

なお、「ほけんの窓口」での無料保険相談を試してみたい方は、下記よりお近くの店舗を探してみてください。


運営者情報ほか

カテゴリリスト

月別アーカイブリスト

Copyright © これから始める個人年金保険 All Rights Reserved