予定利率とは

Pocket

 予定利率とは、個人年金保険の契約時に保険会社が約束する運用利回りです。予定利率に応じて保険料が割り引かれるため、予定利率が高いほうが保険料は安くなります。

いまは予定利率も高くはありません

だいぶ前になりますが、日本でも金利の高い頃がありました。その頃の予定利率は、いまでは考えられない5%という高利率でした。この頃に個人年金保険に加入した人は、絶対に保険の見直しはしないほうがいいと思います。

いまでは、超低金利で予定利率は1%程度しかありません。予定利率が高いと言われている外貨建ての豪ドルでも3%程度です。

いま予定利率が1%で10年型のの個人年金に加入すると、10年間運用しますので、単純計算で年金原資は10%増えることになります。ただ、積み立てた保険料からは保険会社の手数料などが引かれ、残りの分を予定利率で運用しますので、10%よりは少なくなります。

無料保険相談を試してみる

保険のプロからアドバイスをうけることで、個人年金保険だけに限らず、医療保険、がん保険、学資保険、介護保険など、保険料を大幅に減額することが可能です。

保険相談のニアエルでは、テレビCMでお馴染の「保険見直し本舗、保険デザイン、保険ほっとライン、みつばち保険、ほけんの110番、保険選科、保険テラス」など全国1200店舗以上の保険ショップと提携し無料保険相談の来店予約ができます。お近くの店舗を探してみてください。

全国1200店舗以上の無料保険相談店舗で気軽に保険の相談
保険相談のLifull

Pocket

運営者情報ほか

カテゴリリスト

月別アーカイブリスト

Copyright © これから始める個人年金保険 All Rights Reserved