保険料の支払い方法を決める

 個人年金保険に加入する際には、保険料の支払い方法を決めなくていけません。支払い方法には、口座振替とクレジットカード払いの種類があります。そして、それぞれの中に、月払いや年払いなどの支払いサイクルがあります。

※ 支払い方法や支払いサイクルを総合して、便宜上、支払い方法と記述している場合があります。

口座振替・クレジットカードのどちらの場合でも、月払いにするのか、一定期間分を一括で支払うのかを自由に選択できます。最も一般的なのは月払いですが、保険料を安くし節約したいのであれば、半年払いや年払いなどを利用するといいでしょう。一定期間分をまとめて支払った方が保険料は安くなります。

保険料支払いサイクルの種類

保険料の支払いサイクルには、いくつかの種類があります。

個人年金保険の保険料支払いサイクルの種類
支払いサイクル 概要
月払い 毎月支払う方法で最も一般的です
半年払い 半年に1回支払う方法で、月払いよりも保険料が割引されます
年払い 1年に1回支払う方法で、半年払いよりも保険料が割引されます
全期前納 加入した時に、全期間分の保険料を保険会社に預けてしまう
一時払い 加入した時に、全部の保険料を一括で支払ってしまう

上表の「全期前納」と「一時払い」は、共に一括払で保険料を支払いますが、それぞれ全く違う特徴を持っています。全期前納は、契約時に全期間分の保険料を保険会社に預け、そこから毎月の保険料を支払っていきます。一方、一時払いは、全期間分の保険料を一括で支払ってしまい、「支払い済」にしてしまう支払い方です。

全期前納や一時払いの場合、保険料を支払うために、契約時などにまとまった資金が必要になってしまうので、比較的お金に余裕のある世代には向いています。資金が用意できるようであれば、戻り率も高くなりますので、検討してみる価値はあると思います。

クレジットカード払いにするメリット

保険料の支払いには、口座振替とクレジットカードの2種類が利用できることを先にあげましたが、その中のクレジットカードを使う場合のメリットをみていきたいと思います。

まず、口座振替の場合は、口座振替申込書を記入して、それが銀行などで処理されるので2ヶ月程度は時間が必要です。そのため、クレジットカードの場合に比べると保険料の自動引き落としまでには時間がかかります。また、口座残高が不足していると引き落としができず、保険料払込猶予期間(※)となってしまいますが、クレジットの場合は、そういう心配はありません。

※ 保険料払込猶予期間は、保険料が支払われるまでの猶予期間で、その期間内に保険料を支払わなければいけません。もし、支払いが無いままになってしまうと、保険が失効してしまいます。

一方、クレジットカードの場合は、通常1ヶ月程度で決済されるので、口座振替に比べると短時間で済むのがメリットです。また、残高不足で引き落としが出来ないということもありません。それから、カード会社のポイントが付くというのもメリットですね。

-クレジットカード払いにするメリット-

  • クレジットカードを使うことでカード会社のポイントが付きます
  • 口座残高不足により保険料の支払いができないと言うことがない

最近ではクレジットカードを使う方も増えてきているようです。ポイントを貯めれるというメリットもありますので、カード払いも検討してみると良いと思います。

無料保険相談を試してみる

保険のプロからアドバイスをうけることで、個人年金保険だけに限らず、医療保険、がん保険、学資保険、介護保険など、保険料を大幅に減額することが可能です。

保険相談のLifullでは、テレビCMでお馴染の「保険見直し本舗、保険クリニック、みつばち保険、保険ほっとライン、ほけん百花、保険ひろば」など全国1000店舗以上の保険ショップと提携し無料保険相談の予約ができます。お近くの店舗を探してみてください。

全国1000店舗以上の無料保険相談店舗で気軽に保険の相談
保険相談のLifull

なお、「ほけんの窓口」での無料保険相談を試してみたい方は、下記よりお近くの店舗を探してみてください。


運営者情報ほか

カテゴリリスト

月別アーカイブリスト

Copyright © これから始める個人年金保険 All Rights Reserved