20年以上厚生年金に加入している人には加給年金がつく

 加給年金は、あまり馴染みがないかもしれませんが、厚生年金の加入期間が20年以上ある人に、通常の年金にプラスする形で支給される公的な年金です。加給年金は、年金を世帯単位で考えた制度で、65歳未満の配偶者や18歳未満の子供がいる場合に一定額が支給されます。

ただ例外もあり、厚生年金の報酬比例部分だけ(※)をもらっている人、配偶者の厚生年金加入期間が20年以上ある人には加給年金はつきません。

※ 厚生年金は、基礎部分と報酬比例部分の2階建てになっていますので、「報酬比例部分だけ」というのは一部だけということになり、対象にはなりません。

加給年金はいくらもらえるのか

加給年金は、自分が年金を受給している間ずっともらえるわけではありません。配偶者が65歳になれば配偶者自身に年金が支給されますから、その時点で終わります(※)。また、子供が18歳になれば、その年度末で支給が終了します。

※ 自分の年金には、加給年金が付かなくなりますが、条件によっては配偶者の年金に振り替え加算されることがあります。

加給年金が付く条件は、年金の受給権発生日段階で、生計をともにする配偶者や子供がいる場合になります。また、配偶者の年収が850万円未満という条件も付きます。この条件に合致した場合に加給年金が支給されます。なお、配偶者には内縁関係(事実婚)の人も含まれます。

加給年金の額(平成23年度)
対象者 年額 月額
配偶者 227,000円 18,917円
第一子 227,000円 18,917円
第二子 227,000円 18,917円
第三子以降 75,600円 6,300円

配偶者の年収が850万円未満という条件が付きますが、下記のような場合は加給年金支給の対象になりますので覚えておくといいでしょう。

  • 年金の裁定請求時から、だいたい5年以内に850万円未満になるとき
  • 年間所得から経費を引いた額が655.5万円未満になるとき

加給年金が配偶者に振返られる場合

通常、配偶者が65歳になると加給年金はストップします。配偶者自身に年金が支給されるためですが、このとき条件にあえば配偶者自身の年金に、一定の額がプラスされます。これを「振替加算」と呼んでいますが、いままでの加給年金に変わるものと理解してかまいません。

条件としては、配偶者が昭和41年4月1日以前の生まれであること。

上記の1点のみですが、配偶者自身が厚生年金に20年以上加入していて、厚生年金を受給する場合は対象にはなりません。

参考までに「振替加算」の金額がどのくらいになるのか、一部を載せておきます。

振替加算額
配偶者の生年月日 年額 月額
昭和20年4月2日~21年4月1日 111,900円 9,325円
昭和25年4月2日~26年4月1日 81,700円 6,808円
昭和30年4月2日~31年4月1日 51,500円 4,292円
昭和35年4月2日~36年4月1日 21,100円 1,758円

無料保険相談を試してみる

保険のプロからアドバイスをうけることで、個人年金保険だけに限らず、医療保険、がん保険、学資保険、介護保険など、保険料を大幅に減額することが可能です。

保険相談のLifullでは、テレビCMでお馴染の「保険見直し本舗、保険クリニック、みつばち保険、保険ほっとライン、ほけん百花、保険ひろば」など全国1000店舗以上の保険ショップと提携し無料保険相談の予約ができます。お近くの店舗を探してみてください。

全国1000店舗以上の無料保険相談店舗で気軽に保険の相談
保険相談のLifull

なお、「ほけんの窓口」での無料保険相談を試してみたい方は、下記よりお近くの店舗を探してみてください。


運営者情報ほか

カテゴリリスト

月別アーカイブリスト

Copyright © これから始める個人年金保険 All Rights Reserved