公的年金の障害給付とはどんな仕組み

 国民年金や厚生年金などの公的年金に加入している人が、病気や事故などで障害を持つ状態になった時に受けれるのが障害給付(障害年金)です。年金では、65歳になった時にもらえる年金(老齢年金)が有名ですが、この他にも、障がいを持った場合にも年金はもらえます。

障害給付を受けるには、一定の条件を満たす必要があり、病気や事故などで障害を負った人の全員がもらえるわけではありません。国民年金や厚生年金などに未加入の人には支給されません。

障害給付をもらえる人の条件は

決められた条件を満たすことで「障害給付」を受けることができます。その条件とは、大きくわけて下記の3点になります。

  • 国民年金や厚生年金などの加入期間中に「初診日」があること
  • 保険料を滞納したりしていないこと
  • 「治癒」または「症状の固定」または「初診から1年6ヶ月経過」していること

これらの条件を満たす場合、「障害認定」を経て障害給付を受けれることになります。

障害給付は病気や事故で療養中の人には支給されず、その症状が「治癒」したか「症状の固定(治療の効果が期待できないような状態)」になったことが、支給の条件になっています。

どのような障害の度合いで障害給付が支給されるのか

障害の度合いは、国民年金からの障害基礎年金では1級と2級のみで、厚生年金からの障害厚生年金では、1級・2級・3級・その他の4段階に分けられています。症状の重いほうから、1級・2級となります。下の表は障害の程度と等級をあらわしています。

等級別の障害の度合い
等級 要件
1級

日常の生活を一人でできず、常に他人の介護を必要とする

2級

常に他人の介護は必要ないが、日常生活は困難で働いて収入を得ることができない

3級

日常生活はある程度自分でこなせるが、働くのが困難で制限されるような場合

その他(障害手当※)

上記の1級~3級には該当しないが、生活が制限される場合

※ 障害手当とは、1級~3級には該当しないが「その他(障害手当)」の対象と認められた人が受けられる、一時金の障害給付です。

障害認定はいつ行われるのか

障害を負ったとき、上記の基本的な条件を満たしていれば、障害給付を受けることができます。障害給付を受けるためには、条件を満たしているいることは必須で、この条件を満たしている場合に「障害認定」が行われ障害給付を受けることができます。

障害認定は、基本的に初診の日から1年6ヶ月が経過した日です。しかし、この年月が経たなくても、症状が治癒したり症状が固定されたような時は障害認定が行われます。

障害給付の請求を忘れずにしてください

障害給付は請求しなければ支給されません。また、時効みたいなものもあり、請求を忘れて5年以上経過している場合は、過去5年分しかもらえませんの注意してください。

また、年数が経過しすぎている場合は、請求時に揃える書類なども、入手困難になったりしますので、障害を負った状態になったときは、早めに請求手続きをしてください。

無料保険相談を試してみる

保険のプロからアドバイスをうけることで、個人年金保険だけに限らず、医療保険、がん保険、学資保険、介護保険など、保険料を大幅に減額することが可能です。

保険相談のLifullでは、テレビCMでお馴染の「保険見直し本舗、保険クリニック、みつばち保険、保険ほっとライン、ほけん百花、保険ひろば」など全国1000店舗以上の保険ショップと提携し無料保険相談の予約ができます。お近くの店舗を探してみてください。

全国1000店舗以上の無料保険相談店舗で気軽に保険の相談
保険相談のLifull

なお、「ほけんの窓口」での無料保険相談を試してみたい方は、下記よりお近くの店舗を探してみてください。


運営者情報ほか

カテゴリリスト

月別アーカイブリスト

Copyright © これから始める個人年金保険 All Rights Reserved