国民年金から支払われる遺族年金

 国民年金などの公的年金に入っている人や、かつて入っていた人が死亡したときに支払われるのが遺族年金です。遺族年金は、通常の年金と同じように、1階部分が国民年金からの遺族基礎年金で、2階部分が厚生年金からの遺族厚生年金、もしくは共済年金からの遺族共済年金に分かれて構成されています。

遺族年金をもらうためには、一定の条件を満たしている必要があります。その条件は国民年金からのものと、厚生年金や共済年金などのものとでは違いがあります。

国民年金からもらえる遺族年金には、遺族基礎年金・寡婦年金・死亡一時金の3種類がありますが、ここでは、遺族基礎年金についてふれていきます。

国民年金からの遺族基礎年金をもらうためには

遺族基礎年金は国民年金に加入していれば、無条件でもらえるわけではありません。加入者自身と遺族の両方が一定の条件を満たしている必要があります。

被保険者(本人)が、下記にあるような期間に亡くなっていなければ遺族基礎年金はもらえません。(亡くなった時期によっては、もらえない場合もあります)

  1. 国民年金に加入中のとき(サラリーマンも含みます)
  2. かつて加入していた60歳~65歳未満の人で日本に住んでいるとき
  3. 老齢基礎年金をもらっているとき、または、受給資格があるけどまだ受給していない、60歳以上65歳未満の人や65歳以上70歳未満で繰り下げ受給をしているとき

※ 保険料をちゃんと納めていることも条件になります(上記3番目に該当する人は問われません)が、本来保険料を納めなければいけない期間のうち、保険料の未納期間が三分の一を超えなければいいことになっています。

遺族基礎年金をもらえる遺族の条件とは

遺族基礎年金をもらえる遺族の条件は、被保険者(本人)が死亡した時に生計を一緒にしていた妻や子供です。

妻の場合

被保険者が死亡した時に、18歳未満の子供(もしくは、20歳未満で障害1級・2級の子供)と生計を一緒にしていた人が対象です。

法律上婚姻届を出していない内縁関係の妻も含まれます。

※ 子どものいない妻はもらえません。

子供の場合

妻がいなければ、子供(もしくは、20歳未満で障害1級・2級の子供)が対象になります。子どもは何歳までを指すかというと、18歳になった年度の末日までとされています。

※ 妻がいないとは、既に死亡した場合や離婚した場合などを指します。

遺族基礎年金はいくらもらえるのか

遺族基礎年金の額は、概ね下の表のように決まっています。この金額に遺族の人数を掛けたのが遺族基礎年金として支給されます。(平成23年度)

遺族基礎年金の額
基本額(妻) 788,900円 1人目の子供 227,000円
2人目の子供 227,000円 3人目の子供以降 75,600円

出典)厚生労働省

例えば、妻と子供2人の場合なら

遺族基礎年金は: 788,900円+(227,000円+227,000円)=1,242,900円

になります。


子供1人だけの場合なら

遺族基礎年金は: 788,900円 となります。

子供だけ2人の場合は

遺族基礎年金は: 788,900円+227,000円=1,015,900円

になります。

無料保険相談を試してみる

保険のプロからアドバイスをうけることで、個人年金保険だけに限らず、医療保険、がん保険、学資保険、介護保険など、保険料を大幅に減額することが可能です。

保険相談のLifullでは、テレビCMでお馴染の「保険見直し本舗、保険クリニック、みつばち保険、保険ほっとライン、ほけん百花、保険ひろば」など全国1000店舗以上の保険ショップと提携し無料保険相談の予約ができます。お近くの店舗を探してみてください。

全国1000店舗以上の無料保険相談店舗で気軽に保険の相談
保険相談のLifull

なお、「ほけんの窓口」での無料保険相談を試してみたい方は、下記よりお近くの店舗を探してみてください。


運営者情報ほか

カテゴリリスト

月別アーカイブリスト

Copyright © これから始める個人年金保険 All Rights Reserved