厚生年金から支払われる遺族厚生年金

 サラリーマンなどで厚生年金に加入している人が、その加入中に死亡したり、ケガや病気で初診日(加入中に初診日があること)から5年以内に死亡した場合に遺族厚生年金が支給されます。

遺族厚生年金は、国民年金から支給される遺族基礎年金の場合と違って、一定額が支給されるのではなく、働いていた時の給料や賞与の額によって決まります。給与などが多かった人は、遺族厚生年金も多く支給されます。

18歳未満の子どもがいるサラリーマンの妻などで、遺族基礎年金をもらう条件を満たしている場合、国民年金からの遺族基礎年金と厚生年金からの遺族厚生年金の両方を受給できます。また、遺族厚生年金は、遺族基礎年金と異なり、子どものいない妻にも支給されます。

意外と手厚い制度です

妻が厚生年金の加入者で亡くなった時、その時に夫が55歳以上の場合に、夫が60歳になってから夫に遺族厚生年金が支払われます。妻ばかりではなく夫にも手厚い保護がある制度になっています。

夫の死亡した時に、30歳以上の妻であれば子どもがいてもいなくても一生遺族厚生年金を受け取れます。妻が30歳未満で子どもがいない場合は5年間だけ年金を受け取れます。

子どもがいる場合は、子どもが18歳になった年度末に、妻が30歳以上なら一生遺族年金を受け取れますが、妻が30歳未満なら子どもが18歳になった年度末から5年間だけ支給されることになります。

遺族厚生年金をもらうためには

遺族厚生年金は厚生年金に加入していれば、無条件でもらえるわけではありません。一定の条件をクリアしなければいけませんし、加入者と遺族の両方が条件を満たしている必要があります。

被保険者本人が下記のような条件に該当していなければいけません。

  1. 厚生年金に加入中である
  2. 厚生年金に加入中に初診日があり、ケガや病気で初診日から5年以内に死亡した
  3. 障害厚生年金1級・2級の人
  4. 老齢厚生年金をもらっている人やもらう権利が発生している人

※ 保険料をちゃんと納めていることも条件になります(上記3番目・4番目に該当する人は問われません)。本来保険料を納めなければいけない期間のうち、保険料の滞納期間が三分の一を超えなければいいことになっています。ただし、平成28年3月31日までは、直近の1年間に滞納が無ければ大丈夫です。

遺族厚生年金をもらえる遺族には優先順位がある

遺族厚生年金をもらえる遺族には優先順位があり、その中で最も上の順位の人だけにもらえる権利があります。

1位 配偶者

夫の場合55歳以上。妻の場合は年齢による条件はありません。

妻が夫の死亡時に30歳未満で18歳未満の子供がいなければ、5年間の有期年金になります。

子供

18歳未満の子供(18歳になった年度の末まではもらえる)。結婚していない子供。障害1級・2級で20歳未満の子供。

2位 父母

年齢が55歳以上の親。

3位

18歳未満の孫(18歳になった年度の末まではもらえる)。結婚していない孫。障害1級・2級で20歳未満の孫。

4位 祖父母

年齢が55歳以上の祖父母。

妻に支給されている遺族厚生年金は、再婚したときや妻が死亡した場合は打ち切りになります。また、子供についても、結婚した場合や、上記の条件を満たさなくなった時点で遺族厚生年金はもらえなくなります。

また配偶者以外の人で優先順位が同じ人(子供などの場合)が複数人いる場合は、人数による均等割りで計算されて支給されます。

遺族厚生年金の計算方法は

実際に遺族厚生年金がいくらもらえるかは、厚生年金に加入していた期間や、生年月日、厚生年金に加入していた時期などにより異なります。大まかには下の計算式で算出することができますが、夫の老齢厚生年金の3/4相当の額が支給されることになります。

計算方法には2通りあり、加入月数が少なかった場合の「短期要件」の計算方法と、長期間加入していた場合の「長期要件」による計算方法です。加入月数が短く比較的若い年齢で亡くなったような場合は、短期要件で計算すると良いと言われています。

短期要件での計算方法)

遺族厚生年金=
(平均標準報酬月額×率×被保険者月数×物価スライド率)×300
÷全被保険者月数×3/4

※ 加入月数が300月未満の場合は300月として計算する。
※ 年金額は加入歴25年の昭和21年4月2日以降生まれの方の老齢厚生年金の3/4になります。


長期要件での計算方法)

遺族厚生年金=
(平均標準報酬月額×率×被保険者月数×物価スライド率)×3/4

※ 亡くなった方がもらっていた老齢厚生年金の3/4の額になります。


※ 長期要件にも短期要件にも該当するようなケースの場合、何も言わなければ短期要件で計算されるようになっています。ですが、長期要件で計算したほうが良いような場合は、長期要件で計算するように申し出れば、その要件で計算してくれます。


参考)日本年金機構「遺族厚生年金(受給要件・支給開始時期・計算方法)」
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=5171

無料保険相談を試してみる

保険のプロからアドバイスをうけることで、個人年金保険だけに限らず、医療保険、がん保険、学資保険、介護保険など、保険料を大幅に減額することが可能です。

保険相談のLifullでは、テレビCMでお馴染の「保険見直し本舗、保険クリニック、みつばち保険、保険ほっとライン、ほけん百花、保険ひろば」など全国1000店舗以上の保険ショップと提携し無料保険相談の予約ができます。お近くの店舗を探してみてください。

全国1000店舗以上の無料保険相談店舗で気軽に保険の相談
保険相談のLifull

なお、「ほけんの窓口」での無料保険相談を試してみたい方は、下記よりお近くの店舗を探してみてください。


運営者情報ほか

カテゴリリスト

月別アーカイブリスト

Copyright © これから始める個人年金保険 All Rights Reserved