子供がいない妻には寡婦加算がつく

 子供がいない妻や子供がいてもすでに大きくなってしまっている妻には、遺族基礎年金が支給されません。ですが、これではこれからの生活ができなくなってしまう可能性があります。

そこで、夫の死亡時にある程度の年齢になっている妻には、一定の条件を満たすことで厚生年金の中高齢寡婦加算という制度があります。これは遺族基礎年金を受けれない妻を支えるために設けられた制度です。

中高齢寡婦加算がつくケース

中高齢寡婦加算がつくイメージは上図のようになります。サラリーマンの妻の強い味方になってくれる制度ですね。

中高齢寡婦加算のための条件

厚生年金保険に20年以上加入していた夫が死亡したとき、生計を一緒にしていた40歳以上65歳未満の妻に、65歳になり自身の年金が支給されるまでの間、遺族厚生年金に中高齢寡婦加算として年額で591,700円が加算されます。

また、夫が死亡したときに40歳になっていない場合でも、子供が18歳になって遺族基礎年金が打ち切られた時に40歳以上であれば、やはり中高齢寡婦加算の対象になります。

  1. 夫が厚生年金に20年以上加入していること
  2. 妻が40歳以上65歳未満であること
  3. 子供が18歳になって遺族年金が打ち切られた時に40歳以上であること

※ 妻が65歳になると自分の老齢年金が支給されるので、いままでもらっていた中高齢寡婦加算は支給されなくなります。ですが、一挙に年金額が減ってしまい、場合によっては生活ができなくなることも考えられます。そのため、中高齢寡婦加算にかわって経過的寡婦加算が昭和31年4月1日生まれ以前の妻には支給されるようになります。

経過的寡婦加算の額はどれくらいか

経過的寡婦加算の額は妻の生年月日によって決まっています。

経過的寡婦加算の額 (平成23年度)- 一部抜粋
生年月日 経過的寡婦加算額
昭和2年4月1日以前 591,700円
昭和2年4月2日~昭和3年4月1日 561,400円
昭和10年4月2日~昭和11年4月1日 382,900円
昭和15年4月2日~昭和16年4月1日 308,500円
昭和20年4月2日~昭和21年4月1日 217,000円
昭和25年4月2日~昭和26年4月1日 118,400円
昭和30年4月2日~昭和31年4月1日 19,700円

出典)厚生労働省

上記の表は経過的寡婦加算の額を5年単位で抜粋したものですが、妻の年齢が若くなるほど加算額は減少していき昭和31年4月2日以降に生まれた妻からは支給されなくなります。

無料保険相談を試してみる

保険のプロからアドバイスをうけることで、個人年金保険だけに限らず、医療保険、がん保険、学資保険、介護保険など、保険料を大幅に減額することが可能です。

保険相談のLifullでは、テレビCMでお馴染の「保険見直し本舗、保険クリニック、みつばち保険、保険ほっとライン、ほけん百花、保険ひろば」など全国1000店舗以上の保険ショップと提携し無料保険相談の予約ができます。お近くの店舗を探してみてください。

全国1000店舗以上の無料保険相談店舗で気軽に保険の相談
保険相談のLifull

なお、「ほけんの窓口」での無料保険相談を試してみたい方は、下記よりお近くの店舗を探してみてください。


運営者情報ほか

カテゴリリスト

月別アーカイブリスト

Copyright © これから始める個人年金保険 All Rights Reserved