遺族共済年金のしくみ

 共済組合に加入していた組合員が亡くなったとき、その遺族に対して支払われるのが遺族共済年金です。遺族共済年金は、通常の共済年金と同様に、1階部分は国民年金から遺族基礎年金が、2階部分は共済組合から遺族共済年金が支払われます。

2階建て方式の年金制度

遺族共済年金が支払われる条件

遺族共済年金が支給されるのは下記のいずれかに該当する場合です。

  • 共済組合に加入中で、かつ在職中であること
  • 組合員であったときにケガや病気で初診日があり、その初診日から5年以内に死亡したとき
  • 障害共済年金の1級・2級の方が死亡したとき
  • 退職共済年金をもらえる権利のある人や受給資格期間を満たしている人が死亡したとき

遺族共済年金がもらえる遺族とは

遺族共済年金がもらえる遺族とは、共済組合に加入していた人が死亡したとき、その人と生活を一緒にしていた人のことです。また、遺族共済年金をもらえる人の中でも優先順位があり、最も優先順位の高い人に遺族共済年金が支給されます。

遺族共済年金がもらえる人と、その優先順位は下表の通りになっています。

1位 配偶者

夫の場合55歳以上。妻の場合は年齢による条件はありません。

妻が夫の死亡時に30歳未満で18歳未満の子供がいなければ、5年間の有期年金になります。

子供

18歳未満の子供(18歳になった年度の末まではもらえる)。結婚していない子供。障害1級・2級で20歳未満の子供。

2位 父母

年齢が55歳以上の親。

3位

18歳未満の孫(18歳になった年度の末まではもらえる)。結婚していない孫。障害1級・2級で20歳未満の孫。

4位 祖父母

年齢が55歳以上の祖父母。

遺族共済年金の年金額はいくら

実際に遺族共済年金がいくらもらえるかは、共済年金に加入していた期間や、生年月日、共済年金に加入していた時期などにより異なりますが、大まかには下の計算式で算出することができます。

計算方法には2通りあり、加入月数が少なかった場合の「短期要件」の計算方法と、長期間加入していた場合の「長期要件」による計算方法です。加入月数が短く比較的若い年齢で亡くなったような場合は、短期要件で計算すると良いと言われています。

短期要件の場合の年金額

遺族共済年金=報酬比例部分+職域年金部分×300/全被保険者期間×3/4

※ 報酬比例部分は、「平均標準報酬月額×率×組合員期間(月数)×スライド率」で算出します。職域年金部分についても率が変わるだけで、同様に計算されます。
※ 組合員の期間が300月に満たない場合は、300月として計算します。

長期要件の場合の年金額

遺族共済年金=報酬比例部分+職域年金部分×3/4

※ 報酬比例部分は、「平均標準報酬月額×率×組合員期間(月数)×スライド率」で算出します。職域年金部分についても率が変わるだけで、同様に計算されます。


短期要件と長期要件では、平均標準報酬月額に乗じられる率が異なっています。長期要件にも短期要件にも該当するようなケースの場合、何も言わなければ短期要件で計算されるようになっています。ですが、長期要件で計算したほうが良いような場合は、長期要件で計算するように申し出れば、長期要件で計算してくれます。

その他の条件や計算方法などは、遺族厚生年金の場合と同じです。
厚生年金から支払われる遺族厚生年金

無料保険相談を試してみる

保険のプロからアドバイスをうけることで、個人年金保険だけに限らず、医療保険、がん保険、学資保険、介護保険など、保険料を大幅に減額することが可能です。

保険相談のLifullでは、テレビCMでお馴染の「保険見直し本舗、保険クリニック、みつばち保険、保険ほっとライン、ほけん百花、保険ひろば」など全国1000店舗以上の保険ショップと提携し無料保険相談の予約ができます。お近くの店舗を探してみてください。

全国1000店舗以上の無料保険相談店舗で気軽に保険の相談
保険相談のLifull

なお、「ほけんの窓口」での無料保険相談を試してみたい方は、下記よりお近くの店舗を探してみてください。


運営者情報ほか

カテゴリリスト

月別アーカイブリスト

Copyright © これから始める個人年金保険 All Rights Reserved