老後の生活を支えるお金はどれくらい必要か

 老後の生活費はどのくらい必要でしょうか?生活のレベルにもよるでしょうが、一般的には月に23万円~25万円程度あれば、贅沢はできませんがなんとか生活していけるのではと、漠然としたイメージを持っているのではないでしょうか。これが、30万円あれば少しゆとりを持って暮らして行けると思っているのではないでしょうか。

総務省の調査によれば、60歳代や70歳代で2人以上の家庭の「平均的な月の支出額」は下表のようになっています。

世帯主の年代 月の平均的支出額
60歳代 28万円
70歳代 24万円

出典)総務省

60歳代や70歳代の方の収入は、公的年金や預貯金が主で、それにプラスする形で就労収入などで構成されていますので、上記の支出額は、これらの収入額をベースにしたものとみることができます。

いずれにしても、調査ではこのくらいの金額が必要になるという結果がでています。それでは、この支出を支える収入はどうなっているのでしょうか。

老後の生活費の予想収入額はどれくらいか

下記の図は「生命保険文化センター」が行った「老後の予想収入」というアンケート結果を図にまとめたものです。

老後の予想収入額

将来の公的年金の給付水準や就労環境を考慮した場合、老後にどの程度の収入(年金、就労所得、預貯金の取り崩し等を含めた月額)がどれくらいあるか?のアンケートでは、平均27.1 万円となっています。

内訳をみると、「20~25万円未満」(24.9%)、「30~40万円未満」(24.3%)が高くなっています。また、20万円未満と予想する人が17.9%となっている一方、40万円以上と予想する層も14.5%あり、較差が見られる結果になっています。

この調査はあくまでも将来の予想ということですが、全体の55.7%の人が30万円未満と回答しています。将来がこの通りになるかは不明ですが、いまのうちから少しでもこの予想以上にする努力は必要だと思います。

老後の収入の内訳はどうなっている

生命保険文化センターというところの「老後の収入内訳は予想でどうなるか」とういう調査では、最も多かったのが「公的年金」で、次が「自分の就労収入」「退職一時金・企業年金」の順番になっています。

ここには載せていませんが、老後収入の内訳を年代別にみた調査もあり、それによると若い世代ほど「公的年金」の占める割合は少なくなりますが、50歳代では「公的年金」が54.1%となり5割を超えています。

これに対して、30歳代では36.5%と17.6ポイントの差があります。現在の年金制度への不信などもあると思いますので、若年層ほど公的年金への依存度は低くなり、自分の就労収入への割合が多くなっているのも特徴です。

公的年金は最大の資産

厚生労働省がモデルケースにしている「定年まで勤めたサラリーマンで妻は専業主婦」という家庭の場合、65歳以降にもらえる年金額は下表のようになります。

このケースの場合ですと、毎月の保険料を若い時からちゃんと納めていれば、この金額を一生もらい続けることができます。

一般的な家庭で月にもらえる年金額
夫がもらえる年金額

16.5万円

妻がもらえる年金額

6.6万円

夫婦2人でもらえる年金額

23.1万円

出典)厚生労働省


※ このケースの場合、定年まで勤めたときの年金額ですから、途中で退職したとか、自営業になったなど、厚生年金に一時的に加入していない場合や脱退したような場合ですと、このケースより年金額は減ることになります。

※ また、奥さんの年金額は、国民年金に満額の40年加入した場合の金額ですから、加入年数が減れば年金額も減少します。

まとめ

上記の老後の収入額や支出額をみても分かりますが、国民年金や厚生年金などの公的年金だけでは老後の資金の全てを賄うことはできません。

将来の生活にどの程度の生活費が必要かは、住んでいる地域や、持ち家なのか賃貸なのかなどでも違ってくるでしょう。老後の生活を守るための年金ですが、不足する分をどうやって補うかを考えて行かなければいけないと思います。

無料保険相談を試してみる

保険のプロからアドバイスをうけることで、個人年金保険だけに限らず、医療保険、がん保険、学資保険、介護保険など、保険料を大幅に減額することが可能です。

保険相談のLifullでは、テレビCMでお馴染の「保険見直し本舗、保険クリニック、みつばち保険、保険ほっとライン、ほけん百花、保険ひろば」など全国1000店舗以上の保険ショップと提携し無料保険相談の予約ができます。お近くの店舗を探してみてください。

全国1000店舗以上の無料保険相談店舗で気軽に保険の相談
保険相談のLifull

なお、「ほけんの窓口」での無料保険相談を試してみたい方は、下記よりお近くの店舗を探してみてください。


運営者情報ほか

カテゴリリスト

月別アーカイブリスト

Copyright © これから始める個人年金保険 All Rights Reserved