自分の年金額は「ねんきん定期便」で分かります

 自分がもらえる年金額がいくらになるのか調べる簡単な方法は、日本年金機構から年1回送られてくる「ねんきん定期便」を見ることです。もしくは、日本年金機構の運営するホームページで確認することです。

ねんきん定期便は、国民年金や厚生年金に加入している人の誕生した月に、年1回の割合で送られてきますが、今すぐ確認したいという人は、日本年金機構のホームページの方がいいかもしれません。(アクセスキーを取得する必要があるので1週間前後の日にちがかかります)

ねんきん定期便とは

ねんきん定期便には、「これまでの年金加入期間」「加入期間に応じた年金見込み額」「いままでの保険料納付額」などが記載されていますので、自分の年金加入状況も確認できるようになっています。

ポイント

  • 50歳以上の人の「年金見込額」は、その人の現在の加入状況が60歳まで続くことを前提にした額です。そのため、給料が下がったりしたような場合は、年金見込額が下がることになります。
  • 50歳未満の人の「年金見込額」は、現時点までの年金加入状況に応じた額になりますから、額は少なくなっています。年金見込額は、これから先も継続して加入して行くことで序所に増えてきます。

また、送られてくる「ねんきん定期便」の封筒の色にも気をつけるといいでしょう。封筒の色は、通常は「青」の封筒で送られてきます。ですが中には、「オレンジ色」の封筒で送られてくることがあります。

青の封筒で届いている場合は、特に問題はありませんが、もし、オレンジ色の封筒が届いているなら、「年金の記録がもれている」「なにか誤りがある」などの可能性がありますから、この色で届いている場合は、近くの年金事務所で調べてもらうといいでしょう。

日本年金機構の「ねんきんネット」も活用できます

ねんきんネットでは、いつでも年金の加入状況や保険料の納付状況などが確認できます。365日24時間いつでも利用できますが、最初に利用を始めるときに、利用登録をして「アクセスキー」を取得しなければいけません。

アクセスキーは、ねんきんネットを使うために必ず必要なもので、利用登録をしてから1週間程度で自宅に郵送されるようになっています。(アクセスキーは、本人確認などのセキュリティー対策の1つになっています)

ねんきんネットで利用登録する際には、自分の「基礎年金番号」の入力が求められますので、予め手元に用意してから登録作業を進めるといいと思います。

日本年金機構の「ねんきんネット」

無料保険相談を試してみる

保険のプロからアドバイスをうけることで、個人年金保険だけに限らず、医療保険、がん保険、学資保険、介護保険など、保険料を大幅に減額することが可能です。

保険相談のニアエルでは、テレビCMでお馴染の「保険見直し本舗、保険デザイン、保険ほっとライン、みつばち保険、ほけんの110番、保険選科、保険テラス」など全国1200店舗以上の保険ショップと提携し無料保険相談の来店予約ができます。お近くの店舗を探してみてください。

全国1200店舗以上の無料保険相談店舗で気軽に保険の相談
保険相談のLifull


運営者情報ほか

カテゴリリスト

月別アーカイブリスト

Copyright © これから始める個人年金保険 All Rights Reserved