年金の未払い期間がある人は任意加入ができます

 公的年金は、20歳から60歳までの40年間保険料を納めることで満期(国民年金の場合)になります。この間に、保険料を納めていない期間や免除されていた期間がある場合は、将来もらえる年金額は減ってしまいます。

厚生労働省がモデルケースにするサラリーマン家庭の場合、夫婦2人で老後にもらえる年金額は月に231,000円です。ですが、この金額も40年間保険料を支払ったとして計算されているので、未納の期間などがあるとこの通りにはなりません。

夫婦2人で将来もらえる年金額

このケースでは、夫は会社員ですから厚生年金に加入し、妻は専業主婦で国民年金に加入していた事になりますが、収入の面やそれぞれの加入期間などの違いで、誰でもがこの通りになるというものではありません。厚生年金の場合は、働いていた時の給料の額によって支払っていた保険料が違っていますので、この例より多い人もいれば、少ない人もでてきます。

自分の年金額がどれくらいなのかは、「ねんきん定期便」や「日本年金機構のねんきんネット」などを参考に確認してみるといいと思います。場合によっては、「納付済」になっていない期間を見つけることができるかもしれません。

年金については、いまだに2,200万件の持ち主が確認できない年金記録があるそうです。若い頃の記録が見つかった例や、結婚前の旧姓の記録が見つかった、名前の読み間違いで登録された年金が見つかった、など9人に1人の割合で年金記録が見つかっているそうです。こういう例もありますから、一度「ねんきんネット」で確認してみると良いですね。

年金の滞納や免除期間がある人はどうすればいいか

年金を滞納したことがある人の場合は、直近の2年間の分については納付することができますが、例えば、10年前まで遡って納めることはできません。

また、免除されていた期間がある人は、10年前まで遡って追納することができます。これに該当する方は、追納も考えてみるといいと思います。

任意加入という制度もあります

任意加入は、払い忘れていた保険料を後から支払うことができる制度です。国民年金の保険料の支払いは、本来なら60歳までが原則ですが、これを65歳まで延長して支払えるようにしたものが任意加入です。

年金をすこしでも満額に近づけるための制度なので、払い忘れなどがある人は任意加入を考えてみるといいですね。なお、任意加入をする場合は、近くの年金事務所に行って、自分が任意加入ができるのか確認するといいでしょう。

任意加入ができる人の条件
保険料を払っていた期間 60歳~65歳未満 65歳~70歳未満
25年以上40年未満 任意加入ができる 任意加入はできない
25年未満 任意加入ができる 任意加入ができる ※

※ 生年月日が1956年4月1日以前の人であれば任意加入ができます(特別任意加入)。

国民年金をもらうためには、最低25年間の加入期間が必要です。これに満たない人は70歳になるまで保険料を支払うことができます。これを「特別任意加入」といいます。

無料保険相談を試してみる

保険のプロからアドバイスをうけることで、個人年金保険だけに限らず、医療保険、がん保険、学資保険、介護保険など、保険料を大幅に減額することが可能です。

保険相談のLifullでは、テレビCMでお馴染の「保険見直し本舗、保険クリニック、みつばち保険、保険ほっとライン、ほけん百花、保険ひろば」など全国1000店舗以上の保険ショップと提携し無料保険相談の予約ができます。お近くの店舗を探してみてください。

全国1000店舗以上の無料保険相談店舗で気軽に保険の相談
保険相談のLifull

なお、「ほけんの窓口」での無料保険相談を試してみたい方は、下記よりお近くの店舗を探してみてください。


運営者情報ほか

カテゴリリスト

月別アーカイブリスト

Copyright © これから始める個人年金保険 All Rights Reserved