年金の繰上げ受給や繰り下げ受給は得か損か

 国民年金の支給開始は原則65歳からと決まっています。ですが、この支給開始を早くしたり遅くしたりすることができます。65歳からの支給を65歳より前にすることを「繰上げ受給」といい、後にすることを「繰り下げ受給」といいます。これらは、どちらも本人の希望で早くしたり遅くしたりすることができます。

例えば、65歳からの受給を60歳に繰上げした場合、1ヶ月繰り上げるごとに0.5%ずつ支給が減らされてしまいます。ですが、60歳で定年退職した場合などは、本格的に年金が支給される65歳までのつなぎとして利用することもできます。

また、65歳からの受給を70歳に繰り下げした場合、1ヶ月繰り下げるごとに0.7%ずつ支給が増えます。率だけみると、繰り下げした場合のほうが得なように見えますね。

年金の繰上げ受給や繰り下げ受給をした場合どれくらいもらえるのか

年金を繰上げ受給した場合、1ヶ月に0.5%ずつ支給額が減らされてしまいます。これを、60歳に繰り上げした場合なら下の表のようになります。また、繰り下げした場合には、1ヶ月あたり0.7%ずつ支給額が増えます。65歳を70歳に繰り下げした場合の例も下の表のようになります。

繰り上げ・繰り下げした場合の支給額
65歳を60歳に繰り上げ受給した

0.5×12ヶ月×5年=30%の支給ダウンとなり、満額66,000円の人なら30%が19,800円なので支給額は46,200円に減額されます。

65歳を70歳に繰り下げ受給した

0.7×12ヶ月×5年=42%の支給アップとなり、満額66,000円の人なら42%が27,720円なので支給額は97,720円に増額されます。

※ この支給額は、将来もずっとこのままの金額が続き、途中で変更することはできません。

普通の場合と繰り上げ・繰り下げした場合を比較してみる

普通に65歳から年金をもらう場合と、繰上げして60歳からもらう場合、繰り下げして70歳からもらう場合を比較してみます。繰上げ受給は長生きすると損をし、繰り下げ受給は長生きすると得をすることが分かります。

65歳から満額の66,000円をもらう場合、60歳から繰上げ受給する場合、70歳から繰り下げ受給する場合の3通りで試算してみます。

  • 普通に65歳かもらう場合は、
    77歳までに9,504,000円が支給され、81歳までに12,672,000円が支給されます。
  • 60歳から繰上げ受給する場合、
    77歳までで9,424,800円が支給されますが通常支給に逆転されます。
  • 70歳から繰り下げ受給する場合、
    81歳までで12,830,400円が支給され通常支給を逆転します。

年金を遅くもらい始めるか早くもらい始めるかは、それぞれの人の事情もありますし、健康の状態などもありますので、一概にどのもらい方が良いとは言えません。自分は長生きするし70歳くらいまで働くと考えている方は、繰り下げ受給を考えてみてもいいかもしれません。

なお、繰り下げ繰上げを考えている場合は、近くの年金事務所に行ってよく相談してから手続きすることをお薦めします。

無料保険相談を試してみる

保険のプロからアドバイスをうけることで、個人年金保険だけに限らず、医療保険、がん保険、学資保険、介護保険など、保険料を大幅に減額することが可能です。

保険相談のLifullでは、テレビCMでお馴染の「保険見直し本舗、保険クリニック、みつばち保険、保険ほっとライン、ほけん百花、保険ひろば」など全国1000店舗以上の保険ショップと提携し無料保険相談の予約ができます。お近くの店舗を探してみてください。

全国1000店舗以上の無料保険相談店舗で気軽に保険の相談
保険相談のLifull

なお、「ほけんの窓口」での無料保険相談を試してみたい方は、下記よりお近くの店舗を探してみてください。


運営者情報ほか

カテゴリリスト

月別アーカイブリスト

Copyright © これから始める個人年金保険 All Rights Reserved