保険でもクーリングオフはできるの

 いったん結んだ保険契約でも、やっぱり止めようと思うことはよくあることです。勢いで契約してしまったけど、よくよく考えたら必要なかった、と言うこともあるでしょう。

こういう時に利用できるのが「クーリングオフ制度」です。もともと、クーリングオフは、訪問販売などの悪質と思われるようなものから、消費者を保護する目的で作られた制度ですが、保険契約にも適用されます。

保険契約でクーリングオフできる条件は

クーリングオフを伝えるには、必ず「文書」で行ってください。電話などでは、クーリングオフできませんから、注意して頂きたいと思います。

「クーリングオフするための基準になる日にち」

  • 保険申込書に署名・捺印した日
  • 一回目の保険料支払の領収書の日
  • 申し込みの撤回などの書類が交付された日

これらの日から、8日以内に文書で保険会社に、クーリングオフする旨を伝えれば、クーリングオフができます。

クーリングオフで注意すること

保険会社とのやり取りは文書で行いますが、やり取りする文書は必ずコピーを残しておくことです。この場合に重要になるのは、その文書が発信された「日時」です。また、当然ながら発信した内容も残しておいてください。

保険会社から届いた書類なども捨てないで、とっておくことが大事です。

また、先にも書きましたが、口頭でクリーングオフは絶対にしないほうがいいです。口頭の場合は、言った言わないの問題にもなりますから、必ず記録が残る方法で行うのが基本になります。

クーリングオフできない場合とは

  1. 契約にあたって医師による診査を受けた場合
  2. 保険会社などに自分で行って契約した場合
  3. 保険会社の人に自分で指定した場所に来てもらい契約した場合(勤務先や自宅)
  4. 今加入している保険に特約を途中から付けた場合

これらのケースの場合は、自ら保険の契約をしようとする意思がみえるので、クーリングオフはできません。

クーリング・オフする時は

文書で保険会社にクーリングオフを申し出るときは、下記の内容を記入して、契約時の印を押して郵送することになります。(保険会社で内容が異なることがありますから、ホームページなどで確認してください)

「クーリングオフを申し出るときの記入内容」

  • 撤回(クーリングオフ)の旨を記入した日(届出日)
  • 契約者の自署・フリガナ
  • 契約者の生年月日
  • 被保険者の氏名
  • 契約者の住所・電話番号
  • 「○○保険を撤回します」という旨の記入
  • 撤回希望理由
  • 契約日
  • 保険料

出典)保険会社

無料保険相談を試してみる

保険のプロからアドバイスをうけることで、個人年金保険だけに限らず、医療保険、がん保険、学資保険、介護保険など、保険料を大幅に減額することが可能です。

保険相談のLifullでは、テレビCMでお馴染の「保険見直し本舗、保険クリニック、みつばち保険、保険ほっとライン、ほけん百花、保険ひろば」など全国1000店舗以上の保険ショップと提携し無料保険相談の予約ができます。お近くの店舗を探してみてください。

全国1000店舗以上の無料保険相談店舗で気軽に保険の相談
保険相談のLifull

なお、「ほけんの窓口」での無料保険相談を試してみたい方は、下記よりお近くの店舗を探してみてください。


運営者情報ほか

カテゴリリスト

月別アーカイブリスト

Copyright © これから始める個人年金保険 All Rights Reserved