個人年金保険で公的年金の上乗せをする

 公的年金の不足分を個人年金保険で上乗せし補うことができれば、老後の暮らしはだいぶ安定します。ですが、高齢になってからの加入は、保険料が高額になりますから、できるだけ早いうちに、1歳でも若いうちに加入することがポイントです。

高齢になってから個人年金保険に入る場合は、死亡保障などの重要性は若い頃より低くなります。それよりは、自分たち夫婦が老後の生活をしていくための保障の方が、重要性は増してきます。この老後を生きる保障が「年金・介護・医療」などです。

老後に保険に入る場合

ある程度年齢がいってから、保険に入ろうとすると、いろいろと問題が出てきます。例えば、保険料が高くなるなどです。

「年齢が高くなってから保険に入る場合の問題点」

  • 保険料が高くなる
  • 保障が小さくなる

これらは、ある意味当然のことのような感じがします。立場を逆(保険会社側からみる)にしてみると、高齢の方の保険加入ということは、それなりのリスクを負わなければいけないということですから、そのリスクを負うために、保険料が高額になったりするということになります。

ですから、ある程度の年齢になってからの保険には、大きな保障を求めるより、個人年金で毎月一定の金額が受取れるなど、生活の安定や、人生の最終章への準備という考え方が大切だと思います。

また、健康状態がどうであれ入れる無審査の保険などは、保険会社としては、非常にリスクの高い保険になります。このような保険の場合、保険料は高額になります。また、保険金の支払に関しても、いろいろ制約や条件が付いていたりします。

もちろん、こういう保険は、加入者本人に対しては、不利な保険とうことになりますが、あまり内容を把握せずに加入する場合も多いようです。ですから、加入に際しては、十分な説明を受け、内容を理解したうえで契約することが大事です。

個人年金保険のように、老後に必要と思われる保険には、できるだけ若いうちに加入しておくことです。あまりにも時間が経ちすぎると、加入したくても保険料を支払う期間が短いので保険料が高額になったり、または、一括払い(一時払い)しなくてはいけなかったりと、いろいろと制約が出てきてしまいます。

今はまだ若いからと言っても、いずれは年金のお世話になる時がきますので、その時のための準備は大切です。

無料保険相談を試してみる

保険のプロからアドバイスをうけることで、個人年金保険だけに限らず、医療保険、がん保険、学資保険、介護保険など、保険料を大幅に減額することが可能です。

保険相談のLifullでは、テレビCMでお馴染の「保険見直し本舗、保険クリニック、みつばち保険、保険ほっとライン、ほけん百花、保険ひろば」など全国1000店舗以上の保険ショップと提携し無料保険相談の予約ができます。お近くの店舗を探してみてください。

全国1000店舗以上の無料保険相談店舗で気軽に保険の相談
保険相談のLifull

なお、「ほけんの窓口」での無料保険相談を試してみたい方は、下記よりお近くの店舗を探してみてください。


運営者情報ほか

カテゴリリスト

月別アーカイブリスト

Copyright © これから始める個人年金保険 All Rights Reserved