成年後見人とは

 成年後見人とは、病気などで本人に判断する能力がないような場合に、本人に代わって各種契約などの法律行為や財産の管理、身上介護などを行う法的な権限を与えられた、家庭裁判所に認められた代理人のことです。

認知症、知的障害、精神障害および事故による脳の損傷や脳の疾患などの原因により、自分で自ら判断できないような、判断能力が不十分な方に対して、その人を保護するために選定されます。

成年後見人を立てるには

配偶者や4親等内の親族などの方から家庭裁判所に対して「成年後見人について」の申し立てを行います。その後、家庭裁判所で成年後見人が選任されたのち、法務局で成年後見人の登記を行います。

保険金の受け取りにも後見人が必要な場合があります

保険金・給付金などの受取人が、判断能力が不十分であることなどから、保険金などの請求を行えない場合で、「指定代理人」を指定していない場合に、成年後見人から請求を行ってもらわなければいけないケースがあります。

一般的に、成年後見人を立てるためには、3~6ヶ月程度の時間がかかり、自分で手続きを行うことも出来ますが、通常は専門家(弁護士や司法書士)に依頼することになるでしょう。この場合、弁護士などへの費用(報酬)がかかります。

保険契約などの際には、このようなケースになった場合でも対応できるよう「指定代理人」を指定しておくといいでしょう。


参考)法務省「成年後見制度」

無料保険相談を試してみる

保険のプロからアドバイスをうけることで、個人年金保険だけに限らず、医療保険、がん保険、学資保険、介護保険など、保険料を大幅に減額することが可能です。

保険相談のLifullでは、テレビCMでお馴染の「保険見直し本舗、保険クリニック、みつばち保険、保険ほっとライン、ほけん百花、保険ひろば」など全国1000店舗以上の保険ショップと提携し無料保険相談の予約ができます。お近くの店舗を探してみてください。

全国1000店舗以上の無料保険相談店舗で気軽に保険の相談
保険相談のLifull

なお、「ほけんの窓口」での無料保険相談を試してみたい方は、下記よりお近くの店舗を探してみてください。


運営者情報ほか

カテゴリリスト

月別アーカイブリスト

Copyright © これから始める個人年金保険 All Rights Reserved