確定年金から終身年金へ変更できる

 個人年金保険に加入する時に、定額型の確定年金に加入したけれど、その後、いろいろと事情が変わったこともあり「終身年金」に変更したいと思うこともあるでしょう。

そういうニーズに応えられる個人年金保険もあります。こうした保険の場合、年金保険のタイプ(確定年金有期年金終身年金など)は、契約する時に決めますが、それを年金受け取り前に変更することができます。

確定年金は、被保険者の生死にかかわらず一定の期間は年金が必ず受け取れますが、終身年金の場合は、被保険者が生存していることが年金支払いの条件になっていますので、変更する場合は「保障期間付終身年金」へ変えるのが最善だと思います。

確定年金から終身年金へ変更するとき

下記は「年金ひとすじワイド」という個人年金保険ですが、この商品の場合は、「10年確定年金」から「10年保証期間付終身年金」または「10年保証期間付割増終身年金」に変更できます。

「保険会社の記述より引用」

  • 「10年保証期間付終身年金」および「10年保証期間付割増終身年金」は年金開始日以後、被保険者が生存されている間、定額の年金を生涯にわたってお支払いします。
  • 「10年保証期間付割増終身年金」の基本年金年額は「10年保証期間付終身年金」の基本年金年額に比べて割増されています。
  • 年金開始日から第10回の年金支払日の前日までの間に被保険者が死亡されたときは、保証期間中の未払年金の現価をお支払いします。
  • 年金の種類の変更は所定の範囲内で取扱いますので、変更後の基本年金年額等によって変更の取扱いができない場合があります。
  • 「10年保証期間付終身年金」および「10年保証期間付割増終身年金」は、被保険者が死亡された時期によっては年金のお受取総額が既払込保険料を大きく下回る場合があります。

確定年金から終身年金へ変更した場合は、生存している限り年金を受け取ることができます。また。保障期間が付いていれば、生存しているかどうかに関係なく、最低でもその期間分は年金が保障されます。ただ、年金原資は同じなので、毎年の受取年金額は「確定年金」だった場合より少なくなります。

終身タイプの年金の場合、ご自身の健康状態や家系的に長生きする家系なのか、なども関係してきます。ご自身で自分は長生きすると思われる方なら、終身年金へ変更するメリットはあるのかもしれません。

無料保険相談を試してみる

保険のプロからアドバイスをうけることで、個人年金保険だけに限らず、医療保険、がん保険、学資保険、介護保険など、保険料を大幅に減額することが可能です。

保険相談のLifullでは、テレビCMでお馴染の「保険見直し本舗、保険クリニック、みつばち保険、保険ほっとライン、ほけん百花、保険ひろば」など全国1000店舗以上の保険ショップと提携し無料保険相談の予約ができます。お近くの店舗を探してみてください。

全国1000店舗以上の無料保険相談店舗で気軽に保険の相談
保険相談のLifull

なお、「ほけんの窓口」での無料保険相談を試してみたい方は、下記よりお近くの店舗を探してみてください。


運営者情報ほか

カテゴリリスト

月別アーカイブリスト

Copyright © これから始める個人年金保険 All Rights Reserved