53%の人が預貯金を積極的に増やしたいと思っている

 今後、どのような金融商品を増やしていきたいかの希望を調査したアンケート結果があります。その中で回答として多かったのが預貯金や保険などで、「預貯金が53.3%」、次いで、「個人年金保険の8.8%」「積立型保険商品の7.5%」と続いています。

また、収益性のある有価証券などでは、「株式が6.0%」「公共債(国債など)が3.6%」「株式投資信託が1.9%」となっています。

出典)家計の金融行動に関する世論調査

預貯金や個人年金保険などの元本保証がされている金融商品で、今後も金融資産を増やしたいと考えている方は、全体の7割に上っています。

金融資産を増やすなら安全性に優れた方法で

金融商品を選択する際に、どういう基準で選んでいるのでしょうか。

出典)家計の金融行動に関する世論調査

これらの傾向から、金融商品を選択する際に最も重視しているのは「元本が保証される・取り扱い金融機関が信用できる(46.7%)」などの安全性に関するこを選択するポイントとしていることがわかります。

個別には、「元本が保証されている=28.7%」「少額でも預け入れや引き出しが自由にできる=19.4%」「取り扱い金融機関が信用できる=18.0%」となっています。

上のグラフは、「家計の金融行動に関する世論調査」を基にまとめたものですが、金融商品を選ぶ際の基準が、安全性を最も重視していることがわかります。

これらを、「安全性(元本割れしない・金融機関が信用できる)」「流動性(出し入れしやすい・現金に換えやすい)」「収益性(利回りが良い・値上がりが期待できる)」に分類すると、安全性を最も重視するという回答が5割弱、流動性が2割強、収益性が2割弱となっています。


「まとめ」

預貯金や個人年金保険は元本割れしない金融商品です。どちらも老後の生活を支えるための貯蓄方法としては、最適な貯蓄方法だと思います。預金をするなら、毎月一定額を積み立てていけるような「積立定期預金」が、個人年金保険なら、元本割れを起こさない「定額型」の保険がいいと思います。


無料保険相談を試してみる

保険のプロからアドバイスをうけることで、個人年金保険だけに限らず、医療保険、がん保険、学資保険、介護保険など、保険料を大幅に減額することが可能です。

保険相談のLifullでは、テレビCMでお馴染の「保険見直し本舗、保険クリニック、みつばち保険、保険ほっとライン、ほけん百花、保険ひろば」など全国1000店舗以上の保険ショップと提携し無料保険相談の予約ができます。お近くの店舗を探してみてください。

全国1000店舗以上の無料保険相談店舗で気軽に保険の相談
保険相談のLifull

なお、「ほけんの窓口」での無料保険相談を試してみたい方は、下記よりお近くの店舗を探してみてください。


関連する記事) 預貯金

運営者情報ほか

カテゴリリスト

月別アーカイブリスト

Copyright © これから始める個人年金保険 All Rights Reserved