変額個人年金保険が減ってきたのは何故か

 変額個人年金保険は、払い込まれた保険料を基に投資信託などで運用し、その運用成績によって将来受け取れる年金額が変わるタイプの年金保険です。

運用した結果の成績が良ければ(利益が出れば)年金額が増え、成績が悪るければ(損失が出れば)年金額が減る、という半分投資的な要素を持つ特徴があります。

全文を読む «変額個人年金保険が減ってきたのは何故か»

個人年金の受け取り方による分類

 個人年金は、受取人の生死に関係なく年金を受け取ることができる「確定型」と、受取人が生きていないと年金を受け取ることができない「生存型」に分けられます。さらに「生存型」は、受取期間が決まっている「有期年金」と、一生涯受け取ることができる「終身年金」に分かれます。

個人年金保険に加入する際には、主にこれらの種類の中から、自分が希望する年金の受取り方を持つ保険を選んで加入することになります。ここでは、それぞれの特徴や概要などを理解しておいてください。

全文を読む «個人年金の受け取り方による分類»

保証期間付有期年金と終身年金の長所と短所

 保証期間の付かないタイプの有期年金や終身年金は、どちらも年金受取期間の途中で被保険者が死亡た場合、年金の支給が終了してしまうのが短所でした。

確定年金のように、被保険者が万が一死亡しても、年金受取対象期間に残りがあれば遺族が年金を受取れるタイプではありません。この短所を補うために、有期年金や終身年金にも一定の期間(10年や15年)の保証を付けたのが、保証期間付有期年金や保証期間付終身年金です。

一定の保証期間が付いたことで、万一の時にも一定期間は年金を受け取ることができますが、保証が付加されることで保険料が高くなってしまうなど使いにくい面も出てきます。

それぞれの年金保険の詳細は以下のページで確認できます。

全文を読む «保証期間付有期年金と終身年金の長所と短所»

確定年金・有期年金・終身年金の違いは何か

 個人年金保険は受取期間タイプ別に、大きく「確定年金」「有期年金」「終身年金」の3タイプに分類することができます。確定年金、有期年金は受け取り期間が決まっていますが、終身年金は生きている限り一生涯と明確に決まっていません。

個人年金は、公的年金の不足分を補う目的で加入される方が多く、その意味では保障が一生涯続く終身年金が良いのですが、年金受取開始数年で死亡してしまった場合、年金が打ち切られてしまうなどのデメリットもあります。

全文を読む «確定年金・有期年金・終身年金の違いは何か»

定額型個人年金保険と変額型個人年金保険の比較

 個人年金保険の中には、定額型年金と変額型年金があります。定額型年金は、確定年金のように契約時に将来受け取る年金額が決まっているタイプで、変額型年金は、変額個人年金のように契約時に受け取る年金が決まらないタイプの保険商品です。

どちらのタイプの保険が良いかは、人それぞれですが、できるだけリスクを小さくし安全確実に年金を受取りたい方は「定額型タイプ」を、リスクはあるが投資と考えて、年金を増やせる可能性を重視する方は「変額型タイプ」を選ぶといいでしょう。

全文を読む «定額型個人年金保険と変額型個人年金保険の比較»

変額個人年金保険の長所と短所

 変額個人年金保険は、払い込んだ保険料を株式市場などで運用し、その運用成績によって将来受け取る年金額や、途中解約した場合に受取る解約返戻金などが変動するタイプの個人年金保険です。

運用する金融商品は自分で選ぶことができますが、選んだ金融商品の構成によっては、元本割れする可能性があるなどのリスクが伴います。

全文を読む «変額個人年金保険の長所と短所»

定額個人年金保険の長所と短所

 個人年金保険の中には、保険契約時に将来受け取る年金額が決まっている「定額個人年金保険」と、保険会社が株式市場などで預かった保険料を運用し、その運用実績によって受け取る年金額が変わる「変額個人年金保険」があります。

変額個人年金のように、運用次第で大きく年金額が増えることはありませんが、確実に決められた金額を受け取ることができる「定額個人年金保険」は、個人年金の中では一番確実性があり加入される方の多い年金保険です。

全文を読む «定額個人年金保険の長所と短所»

運営者情報ほか

カテゴリリスト

月別アーカイブリスト

Copyright © これから始める個人年金保険 All Rights Reserved