指定代理人制度とは

 被保険者に代わって、給付金などを請求できる制度です。保険金などの受取人が被保険者となっている場合、被保険者が保険金や給付金を請求できないような事情がある場合に、あらかじめ指定された方(指定代理人)が、被保険者に代わって請求します。

指定代理人は、保険契約の時に指定しておくといいですが、後からでも指定できます。また、指定代理人は変更することもできます。

全文を読む «指定代理人制度とは»

成年後見人とは

 成年後見人とは、病気などで本人に判断する能力がないような場合に、本人に代わって各種契約などの法律行為や財産の管理、身上介護などを行う法的な権限を与えられた、家庭裁判所に認められた代理人のことです。

認知症、知的障害、精神障害および事故による脳の損傷や脳の疾患などの原因により、自分で自ら判断できないような、判断能力が不十分な方に対して、その人を保護するために選定されます。

全文を読む «成年後見人とは»

予定利率とは

 予定利率とは、個人年金保険の契約時に保険会社が約束する運用利回りです。予定利率に応じて保険料が割り引かれるため、予定利率が高いほうが保険料は安くなります。

全文を読む «予定利率とは»

夫婦年金とは

 夫婦年金とは、夫婦のどちらか一方が生きている限り年金を受け取ることができる個人年金保険です。

夫婦年金は、夫婦二人が被保険者になる連生型の保険で、戸籍上の婚姻関係にある夫婦のどちらかが生きている限り年金を受け取ることができます。

全文を読む «夫婦年金とは»

年金原資とは

 年金原資とは、将来受け取ることができる受取年金額のことです。

個人年金保険には、保険料を毎月支払っていくタイプと契約時に一括して支払ってしまうタイプがありますが、どちらの場合でも年金受取開始時までに積み立てられている積立金をもとに年金が支払われます。

全文を読む «年金原資とは»

定額個人年金保険とは

 定額個人年金保険とは、将来受け取る年金額が決まっている個人年金のことです。

定額個人年金保険は、予定利率が据置期間(払込期間)から固定されるため、変額個人年金保険のように運用成績によって、年金額が変わるタイプの保険と比べ安定しているのが特徴です。また、定額個人年金保険には、外貨建て(ドル・ユーロ・豪ドルなど)のものもあります。一般的に円建てより高い利率ですが、為替リスクが伴うので注意が必要です。

全文を読む «定額個人年金保険とは»

積立利率とは

 積立利率とは、支払った保険料に対して適用される金利のことです。ただ、積み立てた保険料の全額に対して利率が適用されるのではなく、保険料から一定の手数料を引いた部分に対して積立利率が適用されます。

積立利率は、円建ての保険だけではなく外貨建て(ドル・ユーロ・豪ドル)の保険にも適用されます。また、積立利率が固定されている保険と変動するタイプの保険がありますが、変動するタイプの保険でも、通常は最低利率が設定されているので、元本割れになることはありません。

全文を読む «積立利率とは»

運営者情報ほか

カテゴリリスト

月別アーカイブリスト

Copyright © これから始める個人年金保険 All Rights Reserved