コラム:老後を安心して暮らすために

 年金の問題や、医療費負担の増大、不景気、増税など直接わたしたちの生活に直結するような報道を耳にします。自分たちの老後の生活のことを考えるとき、これらのことを無視していく訳には行きません。

このコラムでは、老後の生活を支える年金について、その年金で不足する生活費をどう準備していけばいいのか、などの事柄について考えて生きます。

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る

 老後に必要な生活費は、人それぞれで違いますが、厚生労働省の調べでは「ゆとりある生活を送るためには、毎月36.6万円が必要」とされています。

それに対して、高齢者世帯1世帯の平均所得は25.6万円だそうです。その差は、約10万円もあります。ただ、この25.6万円でも生活のレベルによっては、ゆとりは無いかもしれませんが問題なく生計を立てていける額だと思います。それは、住環境や住んでいる地域の物価状況などによっても違ってくるからです。

月25.6万円ということは、年収ベースだと約300万円ということになりますから、日本の所得階級別世帯数構成で見ると最も多い部分に入ります。(厚生労働省の資料より)

しかし、公的年金だけでこの額に達する人は少なく、多くの人は年金にプラスする分を自分で用意しなければいけないのが現実です。ここでは、そのプラスする分をどういうふうに準備していくかについて、考えていきます。

ページトップへ戻る

運営者情報ほか

カテゴリリスト

月別アーカイブリスト

Copyright © これから始める個人年金保険 All Rights Reserved