安い自動車保険の見つけ方

 保険には、人に対する保険と、物に対する保険があります。前者が生命保険で後者が損害保険です。

生命保険には、個人年金保険、医療保険、がん保険、学資保険、介護保険などの種類があり、損害保険には、自動車保険、火災保険、地震保険などの種類があります。

個人年金保険などの保険を、数ある保険商品の中から選んで加入するのも、なかなか簡単にはいかないものですが、同様に損害保険も似たような保険商品が多数あって、その中から一つに絞り込むのは難しいと感じる場合も多い事でしょう。

今回は、いろいろな会社が提供している損害保険の中から「自動車保険」を取り上げて、その選び方・見つけ方をみて行きたいと思います。

一口に自動車保険と言いますが、自動車保険には「自賠責保険」と「任意保険」の2種類あります。

車に乗っている人は必ずと言って良いほど、自賠責保険(強制保険とも言われています)には加入しています。車を買った時や、車検を受けた時に自動的に加入するので、あまり自分で加入していると言う意識は無いかも知れません。

自賠責保険は、対人賠償のみの保険で、他人にケガをさせたり、死亡させた場合にしか補償を受けることができません。補償額も死亡事故の場合で、3,000万円を上限に保険金が支払われ、ケガの場合だと上限は120万円までしかありません。

しかし、人身事故で被害者が死亡した場合の賠償金は、1億円を超える事も珍しくなく、自賠責保険だけでは賠償可能な範囲を超えてしまっています。

このような場合に、補償してくれるのが「任意保険」ですが、任意保険は強制的に加入しなければいけない保険ではありませんから、国内を走る車の85%程度(自動車共済を含む)しか加入していないのが実態です。

任意保険に加入していない理由は様々あるようですが、その中でも大きなウェイトを占めるのが「保険料が高くて払えない・もったいない」という理由のようです。

保険料を安くしたいならダイレクト自動車保険

車を購入した自動車ディーラーや中古車販売店で任意保険に入るのが一般的ですが、ディーラーなどで入る保険は「代理店型の自動車保険」といって保険料は高くなります。

最近ではインターネット経由で申し込める「ダイレクト型自動車保険」の人気が高くなっています。保険料も安く、補償も代理店型と比べても同等のサービスを提供していますから、少しでも保険料を安くして節約したのなら「ダイレクト型=通販型の自動車保険」を検討してみるといいでしょう。

ダイレクト型自動車保険には、ソニー損保、SBI損保、イーデザイン損保、アクサダイレクト、三井ダイレクト損保などが知られていますが、どの損保会社の場合でも大きくサービス内容が異なることはありません。保険料や補償内容、ロードサービスなどを比較検討して、最も気に入った自動車保険に加入すればいいでしょう。

しかし、比較検討すると言っても、ダイレクト自動車保険の損害保険会社は20社以上ありますから、それらから1社ずつ見積もりを取っていたのでは、時間ばかりかかってしまう事になります。

そういう場合に役に立つのが「自動車保険の一括見積もりサービス」です。

自動車保険の一括見積もりサービスを提供しているのは、大手では「価格コム」や「bang」など一度は名前を聞いたことのある会社です。

これらのサービスを利用すると、複数社からの見積もりを1回の手続きで取る事ができますから、時間と労力の節約になります。また、見積もりを取るだけでは料金は一切かかりませんから、安心して利用する事ができるでしょう。

安い自動車保険の見つけ方については、姉妹サイト「これから始める自動車保険」で詳しく解説していますので、そちらを参考に最適な保険を見つけてください。また、姉妹サイトでは、事故に遭った時の「損害賠償」や「過失相殺」などの基本的な事項についても解説していますので、参考にしてください。

安い自動車保険の見つけ方(これから始める自動車保険)

また、最近では維持費の安い軽自動車に人気があって、普通車から軽自動車へ買い換える人も多いようです。このような場合は、任意保険の保険料も安くなる可能性があります。

一般的には、軽自動車の任意保険料は普通車の7割程度と言われていますので、軽自動車へ買い換えた場合は、任意保険も一度見直してみると良いでしょう。「軽自動車の任意保険と保険料

自動車保険は更新時にも切り替える事ができる

自動車保険の満期は、通常の契約でしたら1年でやってきます(2年などの長期契約もあります)。この契約の更新時に保険を切り替える事もできます。

現在入っている自動車保険に不満がある場合や、保険料が高いと考えている場合には、今の保険の満期の時期に、別の保険に切り替える事を検討してみても良いと思います。

別の保険会社に乗り換えた場合、現在の等級はどうなるのか?と心配になる事もあるでしょうが、保険会社を乗り換えても、現在の等級はそのまま引き継がれますので、乗り換えた事で損をすることはありません。

現在の保険は「代理店型」という方は、ダイレクト型にするだけで大幅に保険料を安くする事ができますので、見積もりを取ってみて比べてみるといいでしょう。

運営者情報ほか

カテゴリリスト

月別アーカイブリスト

Copyright © これから始める個人年金保険 All Rights Reserved