公的年金の基礎

 公的年金には「国民年金」「厚生年金」「共済年金」の3種類があります。それぞれでもらえる年金の額なども違いますから、自分の加入している年金制度はどんなものか理解しておいてください。

そのうえで、年金の支給額が不足する場合や、思っていたより年金支給年齢が後だったなど、公的年金の不足分を補ったり、公的年金支給までのつなぎとして個人年金保険に加入する選択肢も検討してみるといいでしょう。


公的年金の関する共通事項

ページトップへ戻る

国民年金のしくみ

国民年金は、年金制度を建物であらわすと、その1階部分といわれるように、公的年金の基礎になっている制度です。20歳以上60歳未満の方すべてが加入を義務づけられている制度です。

ページトップへ戻る

厚生年金保険のしくみ

厚生年金は、年金制度を建物であらわすと、その2階部分といわれています。会社に勤めるサラリーマンなどが加入する制度で、個人で 加入するものではなく会社として加入する仕組みになっています。

ページトップへ戻る

共済年金のしくみ

共済組合に加入する組合員に支給される年金です、組合員は、国家公務員・地方公務員・私立学校の職員などに勤める人です。

ページトップへ戻る

運営者情報ほか

カテゴリリスト

月別アーカイブリスト

Copyright © これから始める個人年金保険 All Rights Reserved